株主優待銘柄の分析

河西工業(7256)はなぜ株主優待を廃止したのか?

河西工業(7256)から、2020年8月31日に個人投資家へ残念なお知らせ

株主優待の廃止が発表されました。

 

投資である以上さけて通れないひとつ

こんな銘柄を出さないため、この銘柄が残念なお知らせを発表した要因を私なりに調べてみましたのでよかったら最後まで読んでください。

 

業績

会社四季報により2015年度分から確認すると

 

 

売上高が2016年を最高に横ばい

2020年度の決算では純利益がマイナスとなってしまった。

 

しかしそこだけを注目するのではなく、2019年度も2018年度と比較して経常利益が約半分へ減少、一株益が半分になっていることからここ数年、商売がうまくいっていないことが推測されます。

 

続いてキャッシュフロー推移

 

本業を表す営業キャッシュフローが2016年を最高に下落

2019年度はナント50%減

しかし、投資キャッシュフローは相変わらず130億円程度出て行ってしまいました。

これでは儲かりませんね。

 

 

財務

 

続いて推移

年度 自己資本比率 利益剰余金 有利子負債
2016 36.0% 36,172 27,480
2018 42.0% 46,793 22,963
2020 37.2% 48,596 45,518

 

金庫と言われる自己資本比率は30%台をキープしていたが、有利子負債が増えていることを考慮するといいとはいえない。

 

株主優待のコスト

最新の会社四季報から株主数を確認すると39,914人

このすべての人が100株権利で株主優待を取得したと仮定

(保有株数および年数によりさらに多くもらえますが、最低限として算出)

 

 

株主優待内容 クオカード1000円分

 

1000円×39914人=3991万円

 

こうして確認すると、結構な費用がかかっていたんですね!

 

 

まとめ

 

1.業績は「売上高」は横ばいだが、儲けを表す「経常利益」は減少。詳細は2019年に前年比2割減、2020年度に至っては50%以上減少となってしまった。

 

2.財務は自己資本比率が30%台につき、いいとは言えない状況

 

3.2020年8月5日に「無配」を発表されたことにより、相当厳しい状況であることが推測される。

 

4.会社四季報の最新版(6月分)を確認すると、「無配」も、といった予想の記載あり。金融機関から150億円借入や、設備投資を大幅抑制なども書かれていた。

これらを確認していたら、株主優待の廃止が発表されるかもしれない?といった予想はできたかもしれませんね。

 

合わせて読みたい関連記事