株式情報まとめ

株価推移と株主優待内容のまとめ2019年6月1週目

週初めを底に下げ止まったと思われる日本市場

変わってアメリカ市場は、一時25000ドル台を割ってどこまで下がるのか?と投資家は思っていたところ、26000ドル台をタッチしてこちらは一足先に通常へ復帰した感じか

こういうことがあるから分散投資は

日本市場の銘柄だけではなく、世界へも分散した方がいいんでしょうね

 

6月は3月権利の郵便物が多数届きます

参考までにこれまでの我が家へ届いた郵便物の状況

 

合計  18社 48通

 

ほとんどが議決権を行使する書類

しかし、中には「クオカード」が入っている銘柄もありました

従ってそのままごみ箱行きにするのではなく、封を開けて中身の確認はした方がいいですよ

 

今週の気になった銘柄

日本マクドナルドホールディングス2702

ここの株価は5000円で落ち着く傾向にあり

今の株価は4900円、株主優待権利が6月、その優待は個人投資家に大人気で下値不安が少ない

過去は2600円台で同様の動きあり、その時は何度も美味しい思いをしたのですが、今は同じことをするのであれば50万円が必要

となるため積極的に動けない 汗

 

気になる株主優待情報

新設株主優待

ウインテスト6721

1000株 株主優待クーポン(10%相当の割引券)

権利確定月 7月

 

拡充

ファイバーゲート9450

保有株数および期間に応じてもらえるクオカードの額面が変わります

1年未満  1年以上

100株  2000円分 3000円分

1000株 3000円分 4000円分

権利確定月 6月

同時に一部への市場変更承認も発表

株価は当然上がったのですが、すぐに発表前へと戻ってしまったのは残念

 

ロック・フィールド2910

100株以上の保有者に対して、10月にも「おそうざい券」1000円分がもらえるようになりました

4月はこれまで通り、保有株数に応じて「おそうざい券」がもらえます

 

廃止・改悪

アイモバイル6535

ふるなびグルメポイント付与を廃止

※まさかの1年での廃止

ふるさと納税制度見直しにより仕方のないことですね

 

 

 

私の資産推移

2019年3月1日から開始した、ドルコスト平均法と逆張りどちらが大きく資産を増やすことができるのか?その進捗です

買付ルールはこちらこそ

 

資産推移

ドルコスト平均法

 

評価額 3971円(▲0.72%)

買付額 4000円

定期買付により1000円分を買い増ししました

 

逆張り

 

評価額 3055円(+1.83%)

買付額 3000円

週明けマイナススタートにより私の条件に見合ったため買付実施

さぁどこまで上がるのか楽しみです

 

売買銘柄

株式

なし

 

FX

なし

先週に取った米ドル/円の買いポジションを持越し中

利下げ→円高も考えられます

そうなる前に110円台を突破して欲しいのですがどうなることやら

 

合わせて読みたい関連記事