インサイダー取引とは重要事実を知る従業員の家族でも罰則ある怖いもの

株の売買取引で絶対にやってはいけないもの

それが「インサイダー取引」

やってしまうと犯罪者になるのは当たり前ですが、それ以上に辛いことが待っている

これをしっかり読んで健全なトレードを心がけて欲しいと思います

 

インサイダー取引とは

 

ある銘柄の重要事実を知るその会社関係者や情報受領者となった人が、公表される前にその株券の売買をして他の投資家より有利に行うこと

これは利益を得なくても売買すればインサイダー取引となる

 

取引規制の目的

重要事実の情報公開前に売買すると、知らない投資家と比較して有利に売買されることにより、金融商品の公正さ健全さが損なわれて一般投資家に対する信頼がなくならないよう、投資家の公平性を保つことを目的としています

 

罰則

5年以下の懲役または500万円以下の罰金

さらに違反して取得した財産は没収される。ここで注意したいのは利益ではなく財産!売却であればその代金すべて

 

これでインサイダー取引とは何か?

やってしまうとどうなるのか?

わかってもらえたと思います

 

 

次はそうならないために気をつけたいそれは

情報受領者にならないこと

重要事実とは何か?それを見分ける

 

以上2点ではないでしょうか?

それではそれらを確認してみましょう

スポンサードリンク



情報受領者

会社関係者から重要事項を直接伝え聞いた人、第一次情報受領者をいいます

 

ここで会社関係者とは

上場会社等の(子会社含む)役員、社員、パートタイマー、アルバイト

上場会社等の帳簿閲覧権を有するもの(総株主の議決権の3%以上を有する株主)

上場会社等に対して法令に基づく権限を有する者(許認可の権限を有する公務員など)

上場会社等と契約を締結している者、または契約交渉中の者(取引先会計監査を行う公認会計士、顧問弁護士など)

 

これらから情報受領者となりうる可能性がある人は

その会社や子会社の家族・知人・友人

 

以上の人が対象となります

 

従って電車の中や、居酒屋の飲んでいる席の横で「この会社、近い内に破産申請するらしいよ!」なんて会話を聞いて株の売買をしてもインサイダー取引にはならないとのこと

 

 

重要事実

 

決定事実、発生事実、決算情報やその他投資判断に著しい影響を及ぼすものをいいます

ちょっとこれではわかりにくいため例を出すと

株式の分割

自社株買い

解散

決算情報

上場廃止

 

最近では東芝による不祥事なんかが該当するんではないでしょうか

 

ただし知った場合でも下記に該当すれば一般投資者同様に売買はできます

2以上の報道機関に対して公開されて12時間経過した時

証券取引所のホームページ(適時開示情報)により公衆の縦覧に供された時

重要事実にかかる事項の記載がある有価証券報告書等が公衆の縦覧に供された時

 

 

まとめ

 

重要事実が公表される前にその株券を売買して他の投資家より有利に行うことをインサイダー取引という

 

これが見つかった場合の罰則は

5年以下の懲役または500万円以下の罰金

そして取得した財産はすべて没収される

 

気を付けることは

重要事実を知った情報受領者となったらその株式の売買を行わないこと

(株式分割、自社株買い、解散、決算情報、上場廃止など)

 

悪者はいつか成敗されるのが今の世の中

これを読んだあなたには、成功法で株式投資に取り組みしっかりと資産を築き上げて行って欲しいと私は思います

スポンサードリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です