サイバーダイン(7779)の株主優待はお買い得か調べた

スポンサードリンク




 

 

 

2018年11月30日に新設された株主優待銘柄のサイバーダインは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

 

 

株主優待内容

3月権利

保有株数に応じて、トレーニングプログラム「HAL FIT」の割引券(10回分)がもらえます

1000株 20%割引

2000株 35%割引

3000株 50%割引

 

株主優待制度新設の目的は、当社グループが定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」のひとつである「すべての人に健康と福祉を」をふまえ、病気やけがにより身体障碍者を患っている方々が社会活動に参画し続けられるような社会を実現するための取り組みを推進しています。この度、この取り組みを一層拡充するものとして、株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、株主様およびその家族の皆様の病気やけがの身体的・精神的な負担を軽減することを目的として、HAL・FITの株主優待制度の新設を決定しました。となっています

 

総合利回り ?

(優待価値がわからないため)

 

事業内容

医療福祉機器および医療福祉システムの研究開発

身体機能改善の治療機器および治療技術の研究開発など

 

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績      売上高  経常利益 1株益 1株配当

2014.3     456    ▲682     ▲3,9      0

2015.3     631    ▲907     ▲4,7      0

2016.3   1,264   ▲710     ▲3,5      0

2017.3   1,649   ▲782     ▲3,7      0

2018.3   1,726   ▲688     ▲2,8      0

2019.3   2,000   ▲600     ▲2,3      0

※2019年は予定

 

 

各指標

現在の市場 東証マザーズ

PER  *.**

PBR  3.84

配当     0円(配当利回り 0.0%)

自己資本比率 98.3%

利益剰余金  ▲7,671百万円

有利子負債   *,***百万円

ROE     ▲1.3%

営業CF     ▲52百万円

投資CF  ▲2,483百万円

財務CF     ▲22百万円

時価総額   1,806億円

株主構成

株主数 78,807名

特定株  61.3%

浮動株  18.4%

外国   13.8%

投信    2.7%

 

 

まとめ

 

2014年3月に東証マザーズへ上場

投資家の期待を背負って株価は公開からすぐに大幅上昇

しかし昨今では見切り売りなんでしょう。株価は今年初めの1/3まで下落しました

 

その下落を止めるために株主優待を新設したと思われるのですが、初期費用だけで55万円が必要なのでちょっと手は出しにくいのでは?参考までに発表当日の夜間PTSでは反応がありませんでした

 

ももしここを買うなら「投機」を目的として、夢を買うならいいかもしれませんね

 

これらを踏まえ私の評価

総合利回りからのお得度 ☆1つ

成長株期待度      ☆4つ

総合評価        ☆2つ

 

スポンサードリンク




 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください