新設株主優待 エイトレッド(3969)の株主優待はお買い得か調べた

2017年5月25日に新設された株主優待銘柄のエイトレッドは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討してみました

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

スポンサードリンク



優待内容と利回り

3・9月権利

保有株数に応じてクオカードがもらえます

100株  1000円分

300株  2000円分

  1500株 3000円分

3000株 4000円分

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績     売上高  経常利益 1株益 1株配当

2015.3    716     224      23,6   13,5

2016.3    845     271      29,1   14,5

2017.3    961     278      30,9     9,5

2018.3 1,107     324      33,5   10,3

2019.3 1,340     420      36,9     11

2020.3 1,480     460      40,3   12~14

※2019,20年は予定

 

投資指標と財務

現在の市場 東証1部

PER 32.76

PBR  5.31

自己資本比率 71.5%

利益剰余金  693→1,057百万円

有利子負債    0百万円

ROE    16.3%

営業CF    383百万円

投資CF   ▲143百万円

財務CF    ▲68百万円

時価総額   84,9億円

 

 

まとめ

 

株主優待新設時の取得に必要な金額は35万円、総合利回り2%未満

これだけを見るとお買い得とは言えなかった

そこで株式分割(1対3)2017年12月に実施

 

当時の私は下記のような評価をしていた

昨年末の大暴落は絶好の仕込み時でしたね

 

2017年株主優待新設時の評価

この事業内容はクラウドサービスにつきこれから楽しみな事業

メンテナンス契約をして顧客をしっかりとつかんでいるのは強いと私は思う

以上により、この会社に悪材料はなく大幅下落の波に飲まれて大きく下げたときに仕込んで「成長株」として長い目で応援したい銘柄のひとつとして私は見続けていきたい

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください