クリヤマホールディングス(3355)の株主優待はお買い得か調べた

2017年11月10日に新設された株主優待銘柄のクリヤマホールディングスは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

スポンサードリンク



株主優待内容

 

12月権利

保有株数に応じてクオカードがもらえます

 

200株  1000円分

2000株 3000円分

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績        売上高   経常利益 1株益 1株配当

2012.12  33,159   2,026      60,0    8,5

2013.12  35,921   2,385      72,8  10,5

2014.12  40,047   2,724      81,7    15

2015.12  45,642   3,443     114,0  16,5

2016.12  44,829   2,286       72,9  16,5

2017.12  48,942   2,354     126,9    18

2018.12  52,006   2,749       89,2    19

2019.12  55,500   3,250     107,7    20

2020.12  57,700   3,370     111,8   20~21

※2019,20年は予定

 

投資指標と財務

現在の市場 東証2部

PER   8.79

PBR   0.89

自己資本比率 45.1%

利益剰余金  20,494百万円

有利子負債  12,739百万円

ROE      8.4%

営業CF     476百万円

投資CF  ▲1,810百万円

財務CF   1,643百万円

時価総額     202億円

 

 

まとめ

 

現在の市場は東証2部、そして株主数が株主優待の新設により2200人から3184人まで増加した

株主優待の新設から1年以上が経過

そろそろ1部への市場変更のお知らせがあってもいいころ

株価上昇を狙った先回り買いは面白いかも?

 

この業種はそんなに競合はいないか?

そんな中、営業活動で得た利益を積極投資に回しているため、予想を上回ることが出来るかも?

以上を考慮して、株主優待取得を目的ではなく成長株として長期で保有するのは面白い銘柄だと私は思います

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください