コラボス(3908)の株主優待はお買い得か調べた

2018年1月19日に新設された株主優待銘柄のコラボスは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

スポンサードリンク




 

 

 

優待内容

 

3月権利

100株以上の保有者および期間に対して、高島屋法人事業部セレクトのカタログギフト3000円相当がもらえます

株主優待制度新設の目的は、「株主皆様の日頃のご支援に感謝するとともに、当社株式への投資の魅力を高め、より多くの方々に中長期的に当社株式を保有していただくこと」となっています

 

利回り

配当 0円

優待価値 3000円

 

3000円÷1020円×100株=2.94%

 

 

企業情報

ここでは事業内容、業績、投資指標と財務、同業種との比較を確認したいと思います

 

事業内容

お客様相談室や問い合わせセンター等のコールセンターで利用されるシステムを、クラウドサービスといった形態で提供している

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績   売上高  経常利益 1株益 1株配当

13.3     1,249      110        22,1        0

14.3     1,357      144        28,2        0

15.3     1,482      175        33,6        0

16.3     1,661      253        39,2        0

17.3     1,814      289        46,0        0

18.3     1,942      305        48,0        0

19.3     2,100      330        48,4        0

※19年は予定

 

投資指標と財務

現在の市場 東証マザーズ

PER  21.07

PBR   3.17

配当  0円(配当利回り0.0%)

自己資本比率 74.0%

利益剰余金  890百万円

有利子負債   10百万円

ROE    14.8%

営業CF   348百万円

投資CF  ▲112百万円

財務CF   ▲28百万円

時価総額   50,3億円

株主構成

株主数 ****名

特定株 **.*%

浮動株 **.*%

外国  **.*%

投信  **.*%

 

割安株ではありませんが、財務は自己資本比率が高く借り入れがほとんどないのはすごく好感がもてます

そして本業でしっかりと利益を出してROEが14.8%と高いため、かなり儲かっていることが想像できます

さらに時価総額は50億円と小さいため伸びしろ大!

ひとつ残念なのは「無配」

しかし、これだけもうかっているのならばそろそろ配当も期待できると考えていいのではないでしょうか?

 

まとめ

 

総合利回り約3%

割安株ではない

財務は自己資本比率75%以上、有利子負債ほぼなしにつき良好といえます

 

業績はグングン上がり、2019年には2013年比で4倍を見込んでいる

そして時価総額が50億円につき伸びしろ大

 

気になる点は競合他社の参入か?

しかしこれまでに蓄積されたデータをもとに、契約先へ改善案を提案しているはずなので解約率は悪くないはず・・・

 

これらを踏まえ私の評価

総合利回りからのお得度 ☆2つ

成長株期待度      ☆5つ

総合評価        ☆4つ

 

とりあえず100株保有して長期で成長株として応援したいですね

スポンサードリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください