オリックス(8591)の株主優待品と企業詳細

ここではオリックス(8591)の株主優待品を取得できる権利獲得月・配当・各指数・株価推移などを写真を交えて紹介したいと思います

 

 

株主優待品

 

3月のみ

100株以上の保有者に対して、自社取扱先商品のカタログギフト

3年以上の保有者はA、3年未満の保有者はBとなります

 

Aは全部で20種類

 

Bは全部で32種類

 

 

続いて株主カード

オリックスが運営する施設において割引などが受けられます

3・9月権利

 

プロ野球オリックスが主催するゲーム(京セラドーム・ほっともっとフィールド神戸)において当日券を優待価格で利用

 

ホテル・温泉旅館(ご宿泊を優待割引)

 

ふぐ料理春帆楼(ドリンク1杯無料)

 

京都・すみだ・新江の島水族館(入場料10%OFF)

 

それぞれの施設において入居時費用を割引

老人ホーム「グッドタイム 30万円」

高齢者の住まい「プラテシア 50万円」

 

ゴルフ(ドリンク1杯無料)

 

オリックス自動車

個人向けカーリース(新車成約者にカーナビゲーションプレゼント)

 

レンタカー

乗用車の基本料金30%OFF(KSS・KS・Sクラスを除く)※ハイシーズンは、ハイシーズン料金30%OFF

北海道/沖縄(本島)の乗用車、商用、貨物車の基本料金50%OFF※ハイシーズンは乗用車(KSS・KS・Sを除く)のハイシーズン料金30%OFF 乗用車(KSS・KS・S)、商用、貨物車は割引対象外

 

カーシェアリング(新規入会で下記が無料)

ICカード発行手数料1000円

月額基本料2ケ月

4500円分時間料金×2ケ月

 

中古車販売(オリックス認定中古車をご購入時に税込み表示価格より3万円OFF)

 

医療法人DIC宇都宮セントラルクリニック(人間ドック各種コースを優待価格にて)

 

 

配当

2018年 66円

2019年(予想) 68~69円(配当利回り3.74%)

 

2014年 23円

2015年 36円

2016年 45,75円

2017年 52,25円

 

 

各指標

現在の市場 東証1部

PER   7.41

PBR   0.87

自己資本比率 23.5%

利益剰余金  2,315,283百万円

有利子負債  4,133,258百万円

ROE    12.1%

営業CF   5,466億円

投資CF  ▲4,115億円

財務CF   1,435億円

時価総額  24,960億円

 

 

株価推移

 

株価は1300円~1900円くらいを行ったり来たりのボックス相場

しかし売上は2013年比で約3倍、配当は5.2倍!と大きく成長せています。しかも9年連続増配(予定)配当性向は30%ないため、リーマンショックなど大きな波乱がない限り減配はないと思われる

 

今は上昇相場で配当利回り3%を超える安定した銘柄はあまり見当たらない

3年超の保有で優待内容はさらにアップするため、1単元を購入して長期で保有しながら応援したひとつ(もちろん我が家は3年以上応援しています)

 

総合利回り 6.49%

(優待価値5000円 配当68円として計算)

スポンサードリンク




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください