株主優待

三浦工業(6005)の株主優待内容・配当と業績詳細

ここでは三浦工業(6005)の株主優待内容や取得できる権利獲得月・配当推移・各指数・株価推移など、あなたの知りたい情報を写真とグラフで徹底解説

 

株主優待内容

 

権利確定月 3月

100株以上の保有者に対して、下記の商品がもらえます

 

クオカード

100株  1000円分

500株  2000円分

1000株 3000円分

※1年以上の長期保有者はクオカードの金額が2倍になります

 

軟水生活コース

 

今治タオル

100株  2000円相当

500株  4000円相当

1000株 6000円相当

 

配当

 

()内は配当性向

2014年 18,3円(32.7%)

2015年 19,7円(29.7%)

2016年 21円(31.6%)

2017年 22円(30.3%)

2018年 28円(30.4%)

2019年 33円(30.2%)

2020年 35円(予想)

 

配当は増配を継続

そして配当性向は30%で安定

こんな銘柄をしっかりとキープしたい

 

業績

年度 売上高 経常利益 一株益
15.03 90,424 10,799 66,4
16.03 99,019 10,887 66,5
17.03 102,549 11,913 72,5
18.03 124,883 14,183 92,1
19.03 138,880 17,130 109,1
20.03 144,000 17,800 113,7

※20年は予想

 

各指標

 

現在の市場 東証1部

PER  24.16

PBR   2.47

自己資本比率 71.9%

利益剰余金   111,144百万円

有利子負債       ***百万円

ROE    10.1%

営業CF    171億円

投資CF    ▲25億円

財務CF    ▲70億円

時価総額  4,209億円

 

売りっぱなしだけではなく、メンテナンスまでしっかりとしているから業績を上げてフリーキャッシュフローも生み出しているんでしょう

だから配当も増やしていけるんでしょうね

財務もバッチリok!

2018年12月に起きた大暴落時などで業績に関係なく株価が下落した時、強気に「買い」で向かっていける銘柄でしょうね

 

 

株価推移とまとめ

 

オイラはボイラで知名度アップの三浦工業

業績も順調に伸びるから

経常利益アップ→増配→株価がきれいに右肩上がりで、ここ5年移動平均線200日にタッチしていないのはすごくいいんじゃないですか

 

そしてもっと評価できる点は、やはりストック型ビジネスを構築していること

販売したボイラーは売りっぱなしではなく、保守契約を締結して毎年顧客をしっかりキープ。ボイラー設置台数の増加によりその売り上げを伸ばしたと2019年第3四半期決算短信に記載されていました

 

総合利回りは2%を満たさない

割高株

 

以上ではありますが、中国にも進出していて売上はまだまだ増加が見込めることから、長期で応援したい銘柄のひとつと思って私はなが~~~~~~~いお付き合いをしたいと思います

合わせて読みたい関連記事