【休むも相場】株取引は売買と実はこれが大事!それはね・・・

まいど!セブ602です

 

株式投資を始めて数か月が経過すると、ドキドキ感もやがてなくなり慣れてくると思います

そして株価の動きが気になって、いや、取引がしたくてしたくて仕方がないようになってませんか?

でもこれって、実は大きな落とし穴が待ち受けているんですよ!

今回はそれについて考えてみたいと思います

スポンサードリンク



ポジポジ病

株を買いたい

 

株式取引は店舗などに行き、実際にお金を自分の財布から出して売買するのではありません

パソコンに映った画面で数字を見ながらまたは、証券会社に電話してオペレーターに指示を出して取引をしています

従って金銭感覚がほとんどありません

そんな中、慣れてくるとお金を扱っている感覚や緊張感がやがてなくなり、そしてゲーム感覚で株式売買をやってしまうんですよね

(偉そうに言っている私ですが、実はゲーム感覚なところは否めません。汗)

 

こうなると、

株式売買がしたくてしたくて、たまらなくなる病気

これが、

「ポジポジ病」

なんですね

これにかかるとやっかいですよ!

 

その理由とは?

昨今のイケイケ相場で全体的に株価は上昇中

そんなあなたは株を買えずに気持ちはウズウズ

するとある日、欲しいと密かに狙っていたあのA社株、これが100円下げました

よし、安くなったから買おう!

 

こんな感じで安易に株を買ってしまうことがあるんですね

しかし実はこれが暴落の始まりだった・・・

 

下落要因を調べずに買ってしまうんですよ

しかしまだまだ下がるため、気になってそこの会社情報を調べてみたらナント下方修正していた

または割高株に変身していた

 

などなど、こんな理由を知らず高値掴みをしてしまい、離すことができずひどいときは、

「塩漬け」

までやってしまい身動きが取れなくなってしまうんですね

じゃあどうするの?

ここで登場この格言

 

 

休むも相場

休憩

 

それでは質問です!

あなたは株式市場においてあるものといえば

買い

売り

の2つと思っていますよね?

 

実は、もうひとつあります!

 

 

それは、

 

「休み」

 

思い通りにいかない時やマイナスが進んでくると冷静になれず、この減った分を早く取り返そうと無茶な取引をしてしまう

その結果、さらにマイナスが進んで資産を大きく減らしてしまった

なんてことになるときがいずれくると思います

 

そんな時は売買する手を止め、深呼吸をしてこの言葉を思い出してください

「休むも相場」

 

日本株式の取引時間は

平日 月~金

前場 9時~11時30分

後場 12時30分~15時

となっています

 

この時になれば、日が昇るとまた取引はできます

思い通りにならない時は、じっくり頭を冷やすためタイムを取りましょう

 

そうすると冷静な判断やいい考えが浮かんだりと・・・

これまでたくさんの努力と勉強をしてきたあなたでも、人間なんですから少しの失敗あるのでは?

 

 

まとめ

終了

株取引はゲームではない

人間につき誰にでも失敗はある

それが重なると熱くなって冷静な判断ができずに売買を行い、高値掴みをする可能性が高い!

無理にポジションを取る必要はない

死ななければ、また明日も取引ができる

長い人生、あせらずゆっくりと資産を増やしましょうよ

ゆっくりと、そして楽しみながら株式取引を行い優雅な人生を送りませんか?

ところであなたは順張り派?それとも逆張り派?

個人投資家は逆張り派といったあまのじゃくが多いみたいです

その理由は【個人投資家は逆張り?】に記載してみましたのでよければご覧ください

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です