西本Wismettac(9260)の株主優待はお買い得か調べた

2018年2月14日に新設された株主優待銘柄の西本Wismettacは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

スポンサードリンク




 

 

 

優待内容

12月権利

100株以上の保有者に対して、このグループが運営する商品購入サイト「NISHIMOTO WORLD GIFT」で利用できるクーポンコードがもらえます

100株 3000円相当

400株 6000円相当

700株 9000円相当

 

株主優待制度新設の目的は、「株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社グループの事業展開へのご理解を深めていただき、中長期的に当社株式を保有していただける株主様の増加を図ること」となっています

 

利回り

配当 95円

優待価値 3000円

 

3000円+95円×100株=12500円

12500円÷4045円×100株=3.1%

 

 

企業情報

ここでは事業内容、業績、投資指標と財務、同業種との比較を確認したいと思います

 

事業内容

アジア食グローバル事業、米国等で販売

サンキスト・レモンの日本輸入総代理店

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績   売上高  経常利益 1株益 1株配当

15.12  158,254  7,250     360,9    0,4

16.12  158,338  6,922     228,0    0,4

17,12  172,078  5,916     236,4    70

18.12  184,814  3,120     325,0    95

※18年は予想

 

投資指標と財務

現在の市場 東証1部

PER  17.33

PBR   1.29

配当  95円(配当利回り 2.35%)

自己資本比率 56.5%

利益剰余金   38,477百万円

有利子負債   19,558百万円

ROE    7.5%

営業CF   3,811百万円

投資CF  ▲6,929百万円

財務CF   8,925百万円

時価総額   575億円

株主構成

株主数 6名

特定株 100.0%

浮動株   0.0%

外国    0.0%

投信    0.0%

 

割安株ではない

財務はまあまあいいですね

業績は微増、ただし経常利益がしっかりとついてきてないのは残念

今期から、中間配当そして株主優待を実施したため株主は増えるでしょうね

しかしなんで今頃株主優待を実施したのか私にはわからない

 

 

まとめ

 

割安株ではない

財務はまあまあいい

 

業績はここまでくると大きく上昇することはないでしょう

ただ下に下がることもないんじゃないかな?

サンキスト・レモンの日本輸入総代理店なのだから

 

テクニカル分析で判断すると、移動平均乖離率(25日)▲10%であるため反発は狙えそう

短期でもらうなら面白いかもしれませんね

 

これらを踏まえ私の評価

総合利回りからのお得度 ☆3つ

成長株期待度      ☆2つ

総合評価        ☆2つ

スポンサードリンク




 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です