ベクトル(6058)の株主優待はお買い得か調べた

2017年12月20日に新設された株主優待銘柄のベクトルは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

 スポンサードリンク



優待内容

2月権利

保有株数に応じて、食品や電化製品、旅行や体験等の商品や特典と交換可能な株主優待ポイントがもらえます

200株   3000ポイント

500株   5000ポイント

700株   8000ポイント

1000株 20000ポイント

4000株 30000ポイント

2年以上継続保有(前年2月末日現在の株主名簿と同一の株主番号)した場合、1割アップされます

 

株主優待制度新設の目的は、「当社株式への投資の魅力を高め、中長期的に保有していただける株主様の増加をはかること」となっています

 

利回り

配当 5円

優待価値 3000円

※権利取得には200株必要

 

5円×200株+3000円=4000円

4000円÷1649円×200株=1.21%

 

 

企業情報

ここでは事業内容、業績、投資指標と財務、同業種との比較を確認したいと思います

 

事業内容

PR企画立案・実施

PR業務代行・コンサルティング

リスクマネジメント業務

マーケティングリサーチ業務

など

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績   売上高  経常利益 1株益 1株配当

13.2     5,106      707         9,8     1,11

14.2     6,461      909       13,1     1,44

15.2     8,319   1,186       16,0        3

16.2     9,685   1,506       18,9     3,67

17.2   13,285   2,192       28,2        5

18.2   19,600   3,000       39,3        5

19.2   24,500   4,000       52,4      5~8

※18.19年は予定

業績は急拡大

経常利益が2年後には2倍となっています

その通りなら今が仕込み時?!

 

投資指標と財務

現在の市場 東証1部

PER  42.17

PBR   8.15

配当  5円(配当利回り0.3%)

自己資本比率 61.9%

利益剰余金  4,338百万円

有利子負債  2,338百万円

ROE    17.1%

営業CF   1,503百万円

投資CF  ▲1,206百万円

財務CF   899百万円

時価総額   702百万円

株主構成

株主数 5,913名

特定株 68.5%

浮動株  6.7%

外国  15.0%

投信  11.5%

割安株ではないですが、財務はボチボチいいですね

本業である営業CFもしっかりとだしているのは好感が持てます

ただ東証1部、株主数5000名からいてるのに株主優待を新設したのはIRで発表している通り、安定して長く応援して欲しい株主を求めているんでしょうね

 

まとめ

 

総合利回り 1.21%

割安株ではない

財務はボチボチ

 

事業内容があまりみかけないためライバルは少ないか?

会社四季報にも【最高益】として記載されているため業績はいいと思う

そして2019年には経常利益が今の2倍

2013年比では約6倍となっているため、成長株として長期応援するのは面白い

 

しかし総合利回りが悪い、権利獲得に32万円必要であれば積極的に取得するのは避けた方がいいかも・・・

 

これらを踏まえ私の評価

総合利回りからのお得度 ☆1つ

成長株期待度      ☆4つ

総合評価        ☆2つ

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です