新設株主優待の分析

アーバネットコーポレーション(3242)の株主優待はお買い得か調べた

2018年2月8日に新設された株主優待銘柄のアーバネットコーポレーションは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

 

優待内容

6月権利

1000株以上の保有者および期間に対して、株主優待ポイントがもらえます

※今後、立ち上げ予定の「アーバネットコーポレーション・プレミアム優待倶楽部」において、食品・電化製品・ギフト・旅行・体験等の中から選択

 

      1年目  2年目 3年目以降

1000株 3000    3500     3500

2000株 6000    7000     7000

3000株 9000   10000  11000

4000株  15000  16000   19000

※3000株以上であれば3年目以降も優遇されているのはいいですね

ただし権利取得には100万円以上が必要 汗

ポイントの繰り越しは最大2回まで可能につき、高価な商品がもらえそうですね

 

株主優待制度新設の目的は、「株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への魅力を高め、中長期的に保有していただける株主様の増加を図ること」となっています

 

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績         売上高  経常利益 1株益 1株配当

2014.6    10,484      991    37,0      12

2015.6    11,910   1,395    41,6      13

2016.6    17,704   2,005    45,6      16

2017.6    17,788   2,158    58,6      21

2018.6    16,085   1,440    39,4      16記

2019.6    19,100   1,740    48,1      17

2020.6    22,400   2,200    52,1      19

※2019,20年は予想

 

投資指標と財務

現在の市場 東証JASDAQ・S

PER   7.04

PBR   1.04

自己資本比率 27.2%

利益剰余金   5,260百万円

有利子負債  18,312万円

ROE     13.8%

営業CF  ▲1,600百万円

投資CF  ▲1,388百万円

財務CF   3,106百万円

時価総額    85,3億円

 

 

まとめ

 

総合利回り 4.2%は久しぶりのヒット

割安株

上記2つをみると欲しくなる銘柄

 

しかし

財務は自己資本比率が30%以下、有利子負債が利益剰余金の4倍もあるため良くない

 

株主数が12000人からいてるのになぜ今頃になって株主優待を新設するのか?自己資本比率を上げたいからかな

あと収益の柱となっているのが「投資用ワンルームマンション」となっている

今の不動産投資はバブル状態であり、今後は建ち過ぎたマンションが飽和状態となってオリンピック終了から数年後には安くたたかれると私は思う

従って長期保有は危険でしょう

これらから業績が悪くなると、優待内容の改悪・減配はすぐに実施しそう

 

100株なら短期で応援するのもあったんですけどねぇ

合わせて読みたい関連記事