株主優待

TOKAIホールディングス(3167)の株主優待内容・配当と業績詳細

ここではTOKAIホールディングス(3167)の株主優待内容や取得できる権利獲得月・配当推移・各指数・株価推移など、あなたの知りたい情報を写真とグラフで徹底解説

 

株主優待内容

 

権利確定月 3・9月

保有株数に応じて、クオカードや自社商品など5コースから選べます

優待内容 100株 300株 5000株
天然水
さらり
12本 24本 48本
宅配水 1本 2本 4本
クオカード 500円 1500円 2500円
グループ
食事券
1000円分 3000円分 5000円分
TLC
ポイント
1000p 2000p 4000p
スマホ
割引
350円 850円 1880円

※スマホは1ケ月あたりの金額、付与される金額は6ケ月分です

 

その他、100株以上の株主に対して下記の割引券がもらえます

自社グループ結婚式場婚礼10%

自社グループ食事20%割引券20%12枚

 

 

配当

 

()内は配当性向

2014年 12円(52.8%)

2015年 12円(35.1%)

2016年 14円(46.7%)

2017年 28円(43.4%)

2018年 28円(54.7%)

2019年 28円(47.1%)

2020年 28~30円(予想)

 

配当性向から推察すると45~50%といったあたりか?

来期予想が業績通りであれば増配に期待できそうですね

 

業績

年度 売上高 経常利益 一株益
15.03 187,511 8,549 34,2
16.03 180,940 8,150 30.0
17.03 178,631 12,775 64,5
18.03 186,069 11,191 51,2
19.03 191,600 13,259 59,4
20.03 220,000 14,900 66,4

※20年は予想

 

各指数

 

現在の市場 東証1部

PER  14.05

PBR   1.95

自己資本比率 37.4%

利益剰余金  21,863百万円

有利子負債  50,603百万円

ROE      12,6%

営業CF      216億円

投資CF     ▲124億円

財務CF      ▲81億円

時価総額    1,252億円

 

毎年フリーキャッシュフローをしっかりと作り、現金等価物が少しずつですが増えているのはいいですね

財務がもう少し良ければいいのですが、事業内容からすぐに倒産するような企業ではないかな?

 

 

株価推移とまとめ

 

2019年に株価が急落してからこれまで元気ありません

しかし、長期目線で確認するとしっかりと上昇していることがわかります

 

東海地方の地盤をしっかりと固めて商売を行っていることから、そんな簡単に倒産するような企業ではないと私は思っています

 

総合利回り 4%

株価10万円未満で株主優待が年2回もらえる銘柄

 

これらを考慮すると、1銘柄保有してじっくりと応援したい銘柄ではないでしょうか

合わせて読みたい関連記事