東海カーボン(5301)の株主優待はお買い得か調べた

2017年12月22日に新設された株主優待銘柄の東海カーボンは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

スポンサードリンク



優待内容

12月権利

保有株数および年数に応じて当社オリジナルカタログの中から好きな商品を選び贈呈されます

保有株数  1年未満  3年未満  3年以上

100株  なし    2000円 3000円

1000株 2000円 3000円 5000円

※各金額ぐらいの相当品となります

 

株主優待制度新設の目的は、「2018年に創業100周年を迎えます。つきましては、これまでご支援いただきました株主の皆様に感謝の意を表すため」となっています

100株・1年未満の保有では株主優待をもらうことができません

これは長期で応援して欲しいと企業は考えているのがわかりますね

 

利回り

配当 12円

優待価値 2000円

 

12円×100株+2000円=3200円

3200円÷1356円×100株=2.36%

 

 

企業情報

ここでは事業内容、業績、投資指標と財務、同業種との比較を確認したいと思います

 

事業内容

カーボンブラック・黒鉛電極・ファインカーボン・摩擦材および工業炉・関連製品の製造、販売

※タイヤ用カーボンブラックでは国内首位

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績   売上高  経常利益 1株益 1株配当

14.12 114,576   4,180      12,0       6

15.12 104,864   4,317      11,7       6

16.12   88,580   1,131   ▲37,2      6

17.12 100,000  12,000     50,7    12~15

18.12 150,000  16,000     56,3    15~17

※18年は予定

 

売上高はそんなに変化なし

しかし経常利益が2013年と2019年を比較すると4倍

赤字脱却や米国子会社買収などうれしい話が続いているんでしょう

成長株として期待できそうですね

 

投資指標と財務

現在の市場 東証1部

PER  28.25

PBR   2.46

配当  12円(配当利回り0.88%)

自己資本比率 73.6%

利益剰余金  75,594百万円

有利子負債   8,998百万円

ROE    ▲6.8%

営業CF   175百万円

投資CF   ▲36百万円

財務CF   ▲76百万円

時価総額   2,629億円

株主構成

株主数 11,886名

特定株 41,2%

浮動株  5,8%

外国  25,8%

投信  18,0%

 

財務がいいですねぇ~

従って2016年度、最終赤字決算となっても配当は前年通り実施したのは好感が持てます

 

まとめ

 

総合利回り 2.36%

割安株ではない

財務はバッチリいい

 

売上高は2013年からあまり変化なし

しかし経常利益は2019年になると4倍になるのは評価できます

赤字からの脱却、子会社買収などいいニュースが多いのはいいこと

ここは将来期待したい、いやできる企業と私は考えます

従って100株・1年以上の保有はオマケと考えて長く応援できる楽しみな銘柄ではないでしょうか

ただし現在は割高株につき、仕込み時は全体が大暴落して悲観している時に私は積極的に狙って行く予定

 

これらを踏まえ私の評価

総合利回りからのお得度 ☆2つ

成長株期待度      ☆4つ

総合評価        ☆3つ

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です