【貯蓄から投資へ】初心者が正しい投資や節約で資産を増やして安定した老後を過ごすための教科書

投資で失敗しないように必要な基礎知識や得する手法であなたの大切なお金を眠らせず働かせて資産を増やし続けたり、節約して無駄をなくすためのブログ

株取引中の参考

【分散投資メリットとは】リスク管理の中で是非やってほしいひとつ

2017/07/24

あなたが買ったその銘柄に100%利益を出す自信はありますか?

こんにちわ、セブ602です

 

前節まで私は「自信を持って買いましょう!」

なんて偉そうに言ってきましたが、100%利益を出せることはないんですね

だから思い通りに株価が変動しなかった時のリスク管理も並行して実施して欲しいと思います

 

題して今回は

「買う数と種類も気を付けて」

です

そのやり方とは?

ズバリ分散投資

スポンサードリンク



 

 

 

 

 

分散投資とは?

分散

 

ひとつの所へ資金のほとんどを投資して、損失を出すと資産価値が減って身動きが取れなくなりますよね?

下手をすれば途中で資産がなくなり退場なんてことも・・・

 

従って、一か所ではなく複数に投資してリスクを減らして長期投資を上手に行いましょうといったものです

これではわかりにくいと思うのでちょっと例題を上げてみましょう

 

 

例)あなたの全財産は100万円

A社株を1万円で100株購入したとします

投資資金は100万円

 

すると数日後、A社は赤字決算を発表したことにより株価の下落が始まりそれはナント7千円(マイナス30万円)まで下がりました

再び株価は上昇するかもしれませんが、それまでは指をくわえて見てるだけ 汗

なんてことに

 

もっと怖いのは、まさかまさかの倒産があると、資産0円 もありえますよね?

 

従って1銘柄へ集中投資をしないんですね

 

そこで気になる分散投資方法

その種類は3つあり

 

同じダメ

 

1.業種を分ける

これはすごくわかりやすい例がありますので下記をご覧ください

 

2016年1月29日、日本銀行は金融政策の決定会合で、金融機関が日本銀行に任意で預けるお金に付ける利子をマイナスにすると発表

「マイナス金利政策の導入」でしたね

その後、日本の株価は大暴落

 

特にひどかったのは銀行株、あれから約2カ月経過しますが、今もなお下の方に落ちたまま上がってきません

また上がりそうなそぶりが見えないですよね?

しかしその他を見渡すと、ゆっくりと上昇してきているものもあります

 

もう少し振り返ってみましょう

 

2015年、原油価格が何度か下がりました

しかし、銀行株は全く影響を受けていません

代わりに石油関連株や商社株が下がっていたんですよね

 

こんな感じですべてが同じ方向には動かない

または動いても復帰のスピードが異なってます

従って同業種へ集中するのも避けた方がいいですね

 

2.投資対象を分ける

投資対象先や種類にはいろいろあります

不動産投資

債券投資

金・銀・プラチナ投資

国内

海外

 

上記のものがすべて同じように変動はしません

株式がダメでもマンション賃貸は順調など・・・

海外、今は少し落ち着きましたが中国株

これひとつでは完全にやられていましたね

あと世界全体の景気が良くなり株価が上昇しても、為替レート(円高、円安)により利益幅は変わります

 

そして株価と債権の関係も覚えていてほしい

「株価が上昇すれば債券価格は下落する」

 

その理由は、

景気がよくなるとリスクを取って株式投資を行いますよね?

従って株価上昇

そして景気がよければ金利も上昇

しかし債権の金利は期限が来るまで一定です

 

こうなれば、「金利はあがるのにもらえる利息は一定、しかも少ない」ってことで利回りが低いと判断されて売られるようになり、債券価格は下落します

このような関係があったことメモしてくださいねぇ~

 

改めて投資先や種類を確認すると同じ動きをしていないため、これらも分けた方が良さそうですね

 

3.購入時間をわける

ズバリ、投資手法でよく聞く「ドルコスト平均法」

これは価格ではなく、一定の金額で定期的に購入し続ける方法をいいます

 

メリット

高値掴みの確立が低くなる

平均購入単価を平準化させる

 

デメリット

相場に関係なく購入するため、投資家としての勉強をしない?

安い時に買うこともできない

 

 

実はありますデメリット

デメリットという程でもありませんが、一応記載しました

 

たくさんの種類があるため、管理が大変

大きくリターンは望めない

 

これら2つですが、市場から退場せずに長く付き合うのなら、これぐらいは別にいいのではないかな?と私は思います

 

 

まとめ

終了

種類は3つあり

業種(銀行系、食品系、商社系など)

種類(株、債券、不動産、金 また国内や海外など)

時間(ドルコスト平均法)

 

デメリットはほとんどなし

 

以上により、少ない資金で一極集中で危ないといったことがこれでわかっていただけたでしょうか?

これを株の格言で表した有名なものが1つあります

「卵は一つの籠に盛るな!」

これです

 

分散投資をして一発退場にならないよう、この言葉をしっかりと覚えて今後も楽しく株式売買を行ってください

株取引をやっていると株価が気になって仕事も手につかない!
なんてことはありませんか?

相場は月~金の平日であればいつもやっています

熱くならず休むことも時には必要

【休むも相場】をご覧いただき一度リセットすることもいいんじゃないかなぁ~

スポンサードリンク



-株取引中の参考

あわせて読みたい記事