新設株主優待 立花エレテック(8159)の株主優待はお買い得か調べた

2017年5月10日に新設された株主優待銘柄の立花エレテックは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か調べ検討してみました

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

スポンサードリンク



株主優待内容

 

3月権利

保有株数および継続保有年数によりクオカードがもらえます

3年未満    3年以上

100株  2000円分  3000円分

1000株 3000円分  5000円分

継続保有期間は、株主名簿に記載された日から基準日(3月31日)までに同一株主番号で継続して保有した期間をいいます

 

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績      売上高   経常利益  1株益  配当

2014.3  141,814  5,630    153,1   19,2

2015.3  147,421  5,737    209,1   19,2

2016.3  162,142  5,740    143,1    26

2017.3  160,218  5,341    153,5    28記

2018.3  178,324  6,605    179,9    40

2019.3  182,000  6,700    182,3    46

2020.3  180,000  6,750    182,3  46~48

※2019,20年は予定

 

投資指標と財務

現在の市場 東証1部

PER  9.53

PBR  0.66

自己資本比率 55.8%

利益剰余金 49,189百万円

有利子負債  1,693百万円

ROE     7.3%

営業CF  4,199百万円

投資CF    ▲90百万円

財務CF   ▲861百万円

時価総額    437億円

 

 

まとめ

業績はは横ばい、しかし配当性向を高め(25%?)株主優待も設置して株主還元を高めたような感じ

財務は自己資本比率が50%以上、有利子負債もほとんどないためすぐに改悪はないと思われる

この業種はオリンピック需要が見込めるため、成長株として応援してもいいと思われる持っておきたいひとつですね

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください