【貯蓄から投資へ】初心者が正しい投資や節約で資産を増やして安定した老後を過ごすための教科書

投資で失敗しないように必要な基礎知識や得する手法であなたの大切なお金を眠らせず働かせて資産を増やし続けたり、節約して無駄をなくすためのブログ

新設株主優待の分析

新設株主優待 サンフロンティア不動産(8934)の株主優待はお買い得か調べた

2017/08/16

2017年5月31日に新設された株主優待銘柄のサンフロンティアは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討してみました

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

スポンサードリンク



優待内容と利回り

3月権利

100株以上を保有する株主に対して、自社が運営しているホテルを優待価格で利用できる券が1枚もらえます

 

対象ホテル「日和舞浜ホテル」

客室タイプ

ツイン(定員4名)

デラックスダブル(定員4名)

ファミリーフォース(定員4名)

上記の利用料金が10000円(2名まで、追加1名3000円)

 

コネクティングルーム(定員4名×2室)

上記に利用料金が20000円(4名まで、追加1名3000円)

 

朝食料金込み、消費税別、3歳までの幼児は無料

また適用除外日あり夏休み、年末など

 

配当 32円 配当利回り2.63%

優待価値 ??円

両方を合わせた総合利回り2.63%

 

※上記2つの利回りは1単元の保有で算出しています

 

利回りから見る所見

優待内容の利回りをお金に換算することはできない

また現在利用できるホテルはひとつ

これらを考慮すると、「欲しい」と思える人は少ないと考えられる

 

オススメ度 ☆1つ

 

 

企業情報

ここでは事業内容、業績、投資指標と財務、同業種との比較を確認したいと思います

 

事業内容

不動産の売買・賃貸の仲介

ビルの経営管理など

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績  売上高 営業利益 経常利益  純利益 1株益 1株配当

14.3  17,772  4,531   4,341    4,020    94,0   13,5

15.3  27,741  5,850   5,593    5,053  118,2   16,5

16.3  30,625  7,387   7,024    8,157  190,8   25,0

17.3  40,394  9,380   8,894    6,452  150,9   30,0

18.3  50,000 10,500  10,000  7,000  163,7   32,0

※18年は予定

儲かっているのに配当性向が20%と低いですねぇ~

だから今回株主優待を実施したのかな?

 

投資指標と財務

PER  7.43

PBR  1.46

自己資本比率 56.5%

利益剰余金  22,330百万円

有利子負債  20,900百万円

配当  32円(配当利回り2.63%)

割安株、そして財務も良好とここはいいですね

 

同業種との比較

エー・ディー・ワークス

PER   8.27

PBR   1.45

配当    0.55円(配当利回り1.28%)

優待内容 株主優待ポイント2000p

総合利回り 1.74%

 

レーサム

PER   6.22

PBR   1.08

配当    31円(配当利回り3.24%)

優待内容 なし

総合利回り 3.24%

 

トーセイ

PER   6.61

PBR   0.96

配当    25円(配当利回り3.08%)

優待内容 なし

総合利回り 3.24%

 

どこもPERが10倍以下となっています

今は不動産が儲かるんでしょうね

しかしこれが長く続くとは思えない、数年後はどうなっているのか?私はあまりいい予想ができない

 

 

まとめ

 

優待内容がホテルの割引券、そして使える場所はひとつ

配当利回り2.63%では微妙

そんな中、業績はしっかりと右肩上がり、そして配当性向が20%と低いため、将来は増配や株主優待の改善に期待できるかも??

 

しかし私はここよりもお得と考えられる他の銘柄を買いたいと思う

スポンサードリンク



-新設株主優待の分析

あわせて読みたい記事