新設株主優待 サンフロンティア不動産(8934)の株主優待はお買い得か調べた

2017年5月31日に新設された株主優待銘柄のサンフロンティア不動産は、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討してみました

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

スポンサードリンク



株主優待内容

3月権利

保有する株数に対して、自社が運営しているホテルを優待価格で利用できる券が1枚もらえます

100株 宿泊優待券

500株 5000円相当の宿泊補助券

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績       売上高  経常利益  1株益 1株配当

2014.3  17,772   4,341     94,0   13,5

2015.3  27,741   5,593   118,2   16,5

2016.3  30,625   7,024   190,8   25,0

2017.3  40,394   8,894   150,9   30,0

2018.3  47,463 10,755   167,6   33,5

2019.3  53,000 13,000   184,8  34,5~38

2020.3  63,000 15,500   219,7  34,5~44

※2019,20年は予定

 

投資指標と財務

現在の市場 東証1部

PER  6.47

PBR  1.1

自己資本比率 51.9%

利益剰余金  22,330→36,738百万円

有利子負債  20,900→40,489百万円

ROE     17.6%

営業CF  ▲6,986百万円

投資CF  ▲2,443百万円

財務CF  17,235百万円

時価総額     606億円

 

 

まとめ

 

優待内容がホテルの割引券、そして使える場所はひとつ

配当利回り3.0%以下では微妙

そんな中、業績はしっかりと右肩上がり、そして配当性向が20%と低いため、将来は増配や株主優待の改善に期待できるかも??

 

しかし私はここよりもお得と考えられる他の銘柄を買いたいと思う

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください