創通(3711)の株主優待はお買い得か調べた

スポンサードリンク




 

2019年4月11日に新設された株主優待銘柄の創通は、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

 

株主優待内容

8月権利

 

保有株数の応じて、ガンダム・オリジナルクオカードがもらえます(1枚500円分)

100株  1枚

500株  2枚

1000株 3枚

 

株主優待制度新設の目的は、

株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への投資の魅力を高め、より多くの皆様に中長期的に当社株式を保有していただくことを目的としています

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績        売上高  経常利益 1株益 1株配当

2013.08  20,744  3,287    122,0   30

2014.08  22,298  3,327    129,4   30

2015.08  23,910  3,392    137,9   35

2016.08  23,185  3,500    155,6   35

2017.08  19,565  2,968    139,3   38

2018.08  16,873  2,725    127,6   37

2019.08  15,700  2,550    119,4   36

2020.08  16,200  2,650    122,8  36~37

※2019、20年は予定

 

各指標

現在の市場 東証JASDAQ

PER  17.88

PBR   1.47

自己資本比率 80.6%

利益剰余金  20,494百万円

有利子負債       0百万円

ROE      9.1%

営業CF   2,928百万円

投資CF     ▲15百万円

財務CF    ▲563百万円

時価総額     309億円

 

 

まとめ

 

業績は2015年度をピークに元気なし

配当は2017年を最高に減配中

いいところは財務、自己資本比率80%・有利子負債が0円と完璧

こんな状態で株主数を増やす意図は市場変更か?

 

現在の総合利回り2%、割安株でもないことから今は買い時ではないでしょうねぇ

株価推移を確認すると、2000円台サポートラインとして何度も反発していることから、どうしても欲しい時は2000円を割った時かな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください