新晃工業(6458)の株主優待品と企業詳細

ここでは新晃工業(6458)の株主優待品を取得できる権利獲得月・配当・各指数・株価推移などを写真を交えて紹介したいと思います

 

 

株主優待品

 

3月の年1回、100株以上および保有年数に応じて図書カード、またはカタログギフト3000円相当がもらえます

 

1年未満 図書カード1000円相当

1年以上 カタログギフト3000円相当(※1000株以上は5000円相当)

ここでは3000円相当のカタログギフト詳細を紹介いたします

 

食品をメインとして全国の名産品と言われるものがあり

私の住んでいる大阪は千房(ちぼう)のお好み焼きでした

 

少しですが日用品もありますね

 

 

配当

2014年 18円

2015年 23円

2016年 33円

2017年 36円

2018年 40円

2019年 40円

2020年 40~42円(予想)

 

各指標

現在の市場 東証1部

PER  12.71

PBR   1.32

自己資本比率 64.2%

利益剰余金  26,320百万円

有利子負債   2,454百万円

ROE    11.1%

営業CF    5,825百万円

投資CF   ▲2,873百万円

財務CF   ▲1,738百万円

時価総額    582億円

 

 

株価推移とまとめ

 

2013年に始まったアベノミクスの流れにしっかりと乗り、業績がグングン上昇した結果、株価も右肩上がり

従って増配を継続していたが2019年分はストップしたのが残念、株価も元気がなくなった

しかし、あの世界のダイキン工業と手を組んで強化したものだから長い目で見ると、さらなる飛躍に期待できるのではないでしょうか?と思っているのは私だけ???

 

総合利回り 4.80%

(優待価値3000円 配当42円として計算)

※優待は1年以上の継続保有としています

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください