株主優待

サンリオ(8136)の株主優待内容・配当と業績詳細

ここではサンリオ(8136)の株主優待内容や取得できる権利獲得月・配当推移・各指数・株価推移など、あなたの知りたい情報を写真とグラフで徹底解説

 

株主優待品

 

権利確定月 3・9月

保有株数に応じて、

①サンリオピューロランド・ハーモニーランド共通優待券

②お買い物券がもらえます(自社直営店およびオンラインショップで使えます)

 

100株     3枚 1枚

500株     6枚 1枚

1000株    8枚 2枚

4000株   10枚 2枚

10000株  12枚 2枚

50000株  15枚 2枚

100000株 20枚 2枚

 

 

配当

 

()内は配当性向

2014年 80円(55.1%)

2015年 80円(54.6%)

2016年 80円(71.4%)

2017年 80円(104.8%)

2018年 55円(94.7%)

2019年 30円(65.6%)

2020年 35円(予想)

 

配当性向が高いため(50%以上)、業績が悪くなると減配してしまうのは仕方ない

ただし、この配当性向をしっかり確認すればてを出さないだろう!とわかりやすい例ですね

 

業績

年度 売上高 経常利益 一株益
15.03 74,562 18,525 146,5
16.03 72,476 13,178 112,1
17.03 62,695 7,255 76,3
18.03 60,220 6,020 58,1
19.03 59,120 5,836 45,7
20.03 60,000 7,100 57,7

※20年は予想

 

各指標

 

現在の市場 東証1部

PER  41.66

PBR   3.28

自己資本比率 54.7%

利益剰余金  55,114百万円

有利子負債  20,024百万円

ROE       7.4%

営業CF    4,868百万円

投資CF   ▲2,576百万円

財務CF   ▲3,053百万円

時価総額    2,207億円

 

 

株価推移とまとめ

 

アベノミクスで株価は最大6270円まで上昇

しかしそのあとは業績不振で株価は元気なく、一時は2000円台も割ってしまった。そして減配を2期連続、いい材料が今のところ見当たらないため復活は厳しいだろう思っていたら、ジリジリと上げてきました。このまま業績は復活するのか?

 

ここは私が軍資金をたくさん持っていて売買をあまりやっていない時に発病する「ポジポジ病」で買ってしまった残念な銘柄のひとつ

当時の配当は80円。株主優待品は3000円で売れることができるため総合利回り7%超、こんな銘柄だったんですよ

でも購入前にしっかりと各指標などを確認すれば損失を未然に防ぐことが出来たのに・・・

こんな私の反省は下記にあります。みなさんはこうならないようにしてくださいね

株取引で失敗・損失を出した銘柄 本当は見せたくない私の体験談他人の失敗は蜜の味 とはよくいったもの 私の最近やってしまった失敗例を見て笑うのもいいのですが、これを悪い例の参考として、あ...

 

合わせて読みたい関連記事