債券投資は勝率高いローリスクの資産運用メリットは3つあり

資産運用と聞いてまず思いつくものは株式投資・FX

しかしまだあります

それが債券投資

 

これは上記2つと比較した場合ローリスク・ローリターンですが、

損をしたくない

余裕資金を長期で運用したい

 

こんな人にはおすすめできる投資と私は思う

投資初心者、損したくない人は必見です

スポンサードリンク



債券とは

国や地方公共団体または企業等が投資家からお金を借りるときに発行する有価証券をいいます

 

これには大きく2種類あり

 

国債・地方債・特別債

国債・・・日本国が発行

地方債・・都道府県や市町村などの地方公共団体が発行

特別債・・公団、公社や公庫などの政府関係機関が発行

 

各団体から考えられる債券発行目的は、借りたお金によるさらなる利益追求ではなく、国民の生活が豊かになるよう改善・改革するために借金をしていると私は思います

 

社債・金融債

社債・・・一般の企業が発行する債券

金融債・・特定の金融機関が特別法(長期信用銀行法等)に基づき発行する債券

 

これは銀行等金融機関から借り入れるより安くしたい、また場合によっては欲しい金額を借り入れることが出来ないかもしれないために発行

 

債券の発行条件

額面金額・・・債券を購入した金額

表面利率・・・1年間に支払われる利子(クーポンレートとも言われる)

発行価格・・・債権が発行される時の価格(額面通りではなく、高い時もあれば低い時もあり)

償還日・・・・額面金額が償還される日

利払い日・・・利子が支払われる日

 

次に投資家が債券へ投資するメリット・デメリットを考えたいともいます

 

メリット

①銀行預金と比較して高い利息を受け取ることが出来る

②途中で売却することによりキャピタルゲインを得ることが出来る

③ペイオフ対策として保有することが出来る

 

ここで重要なのは、

債券は市場で売買されているため金額が変動(額面金額は変動しませんが)

そして債券価格が上昇する時、株価は下落と反比例の関係

 

従って

リスクオフ・・・債券価格が上昇

リスクオン・・・債券価格下落

 

以上により債権を購入するタイミングの目安は

「日経平均がサポートラインの18000円を切った」など、

大きく下落して株式市場が荒れている時がいいと思います

 

デメリット

①発行団体が万が一破たんした場合、定期的な利息や額面金額の償還が行われない可能性がある

②途中で現金化(市場で売却)すると元本を下回る可能性がある

③外国債に限りますが、為替変動による元本を割る可能性がある

 

やはり怖いのは、破たんにより元本がなくなることではないでしょうか?

しかし発行団体がどうなのか?

信用度を図るものはあります

それが発行体の格付け

 

AAA  信用力は最も高く、多くの優れた要素がある

AA   信用力は極めて高く、優れた要素がある

A    信用力は高く、部分的に優れた要素がある

BBB  信用力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある

BB   信用力は当面問題ないが、将来環境が変化する場合、十分注意すべき要素がある

B    信用力に問題があり、絶えず注意すべき要素がある

CCC  信用力に重大な問題があり、金融債務が不履行に陥る懸念が強い

CC   発行体のすべての金融債務が不履行に陥る懸念が強い

D    発行体のすべての金融債務が不履行に陥っているとR&Iが判断する格付け

 

参照元:格付投資情報センター

 

一般的に

BBB以上・・・投資適格

BB以下・・・・投機的

と言われています

 

以上よりBBB以上と言われています

しかし私はAランク以上で確実に元本は守りたいと思う

 

債券購入方法

銀行などでも購入できますが、やはりインターネットによる証券会社での購入は手数料が安価につきおすすめしたい

中でもSBI証券

株式を購入する時と同様、簡単に購入することができます

 

TOPメニューに「債権」とあるため、そこをクリック

あとは聞かれてくることに回答すればokです


株式投資との違い

どちらも「出資」と考えれるでしょう

しかし大きな違いが一つあり

債券には「期限」があり、その期日が来ると額面金額が投資家へ払いだされるところですね

これなら1年定期預金とするより、1年物の債権を買う方がいいかも?

 

 

まとめ

 

債券とは、国や地方公共団体または企業等が投資家からお金を借りるときに発行する有価証券であり、期限がくると投資家へ払いだされる

種別は大きく5つ

国債・地方債・特別債・社債・金融債

 

メリット

①銀行預金と比較して高い利息を受け取ることが出来る

②途中で売却することによりキャピタルゲインを得ることが出来る

③ペイオフ対策として保有することが出来る

 

デメリット

①発行団体が万が一破たんした場合、定期的な利息や額面金額の償還が行われない可能性がある

②途中で現金化(市場で売却)すると元本を下回る可能性がある

③外国債に限りますが、為替変動による元本を割る可能性がある

 

債券購入は株価と反比例の関係、従って株式市場がリスクオフの時がねらい目か?

発行団体が破たんした時、元本が返ってこない可能性あり

そんな時は「格付投資情報センター」の格付けをもとにBBB以上を選ぶ

 

以上を踏まえ私が思う「債権」とは

投資家のみなさんからお借りした大切なお金を「事業」へ投資

その事業は成功する確率が高く、国や企業がうるおいそのお礼として投資家へ還元する

従ってWin-Winの関係を築くものではないでしょうか

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です