大石産業(3943)の株主優待はお買い得か調べた

2018年2月16日に新設された株主優待銘柄の大石産業は、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

スポンサードリンク




 

 

 

 

優待内容

3月権利

保有株数に応じてクオカードがもらえます

 

100株 1000円分

1000株 3000円分

 

株主優待制度新設の目的は、「株主の皆様の日後の炉ご支援に感謝するとともに、当社株式への投資魅力を高め、中長期的に当社株式を保有していただくこと」となっています

 

利回り

配当 50円

優待価値 1000円

 

1000円+25円×100株=3500円

3500円÷2173円×100株=1.61%

 

 

企業情報

ここでは事業内容、業績、投資指標と財務、同業種との比較を確認したいと思います

 

事業内容

包装資材(パルプモウルド・フィルム・段ボール・重包装袋)の総合メーカー

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績   売上高  経常利益 1株益 1株配当

13.3   17,430     1,156     169,7     17

14.3   18,030        944     146,9     17

15.3   17,864        797     126,0     19

16.3   17,945      1,323    240,3     22

17.3   17,246      1,533    268,5     25

18.3   18,500      1,300    232,0     25

19.3   19,500      1,600    309,3     25

※18、19年は予定

 

投資指標と財務

現在の市場 福証

PER  10.9

PBR   0.67

配当  25円(配当利回り 1.15%)

自己資本比率 62.6%

利益剰余金   13,097百万円

有利子負債    1,181百万円

ROE    8,9%

営業CF   1,787百万円

投資CF    ▲920百万円

財務CF     ▲32百万円

時価総額   94,2億円

株主構成

株主数 681名

特定株  52.5%

浮動株  26.9%

外国    1.7%

投信    0.0%

 

割安株

財務はいいですね

業績は横一線ですが経常利益はフラフラ・・・

そんな中であっても増配中、まぁ配当性向が20%程度と低いためできるんでしょう

そして今回の新設株主優待発表はいいんじゃないですか?

 

しかし市場は福証につき、出来高ほとんどなし

発表から一週間経過した2月23日の出来高は300株

値がすぐに飛びそうなのが怖い!

 

 

まとめ

 

割安株

財務は良好

業績は横ばいですが、2015年から増配を継続中

そこで新設株主優待の発表は好感が持てます

 

しかし市場は福証につき出来高が少ないのがネック

なが~~~~~~い目で応援するならいいかもしれませんね

 

これらを踏まえ私の評価

総合利回りからのお得度 ☆2つ

成長株期待度      ☆2つ

総合評価        ☆2つ

スポンサードリンク




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください