新設株主優待の分析

新設株主優待 ネオジャパン(3921)の株主優待はお買い得か調べた

2017年6月22日に新設された株主優待銘柄のネオジャパンは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討してみました

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

 

優待内容と利回り

1・7月権利

保有する株数に対して、クオカードがもらえます

100株  500円分

200株 1000円分

※株式分割後(1対2)100株保有者に対して半分となる500円分を残したのはいいですね

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績     売上高  経常利益  1株益 1株配当

2016.1  1,904    386       20,0      2

2017.1  2,116    428       20,6    2,13

2018.1  2,300    450       22,1    5,5記

2019.1  2,600    510       22,9   5~5,5記

2020.1  2,850    560       25,6   5,5~6

※2019,20年は予定

 

投資指標と財務

現在の市場 東証1部

PER  33.85

PBR   3.95

自己資本比率 76.2%

利益剰余金  2,736百万円

有利子負債      0百万円

ROE    10.9%

営業CF    423百万円

投資CF   ▲227百万円

財務CF    ▲16百万円

時価総額    145億円

 

 

まとめ

 

株主優待新設や株式分割を1年に2回実施したのは「東証1部」への市場変更目的があきらかでしたね

結果は株価が大きく上昇

しかし昨今では624円まで下落

キャピタルゲインを狙った銘柄選びならこんな銘柄がいいかもしれないですね

 

以下、株主優待新設時に私が評価した内容です

約30万円を投資して総合利回り1%いただけない

しかし業績は毎年右肩上がりで増配を継続中

そして今回株主優待を新設、株主数を確認すると1100人であり東証1部上場への条件に満たしていない(2200人)

株式分割、株主優待の新設によりこのあたりの条件クリアーを狙っているようにも見える

数年先を見た成長株として保有するなら面白い銘柄のひとつかもしれませんね

合わせて読みたい関連記事