株価推移と株主優待内容のまとめ2019年6月3週目

日本市場は相変わらずイマイチ

週間では3勝2敗 +142円

 

変わってアメリカ市場は絶好調

NASDAQは今年4月につけた史上最高値まであと少しのところまで回復

その期間は一か月足らず

 

要因はFOMCでの利下げを思わすコメント

これでリスクオンに傾きました

 

日本は20日の日銀金融政策決定会合で「現状維持」と発表したことからリスクオンへと働かないんでしょうね

ただこれ以上の緩和は難しいと思いながらも日本市場がこの流れに続くのはいつか?と思っていたら

 

円高が進行

新たにアメリカ×イラン

 

これはまずい!

不安な日々が続きそう

スポンサードリンク




 

 

 

気になる株主優待情報

新設株主優待

シンシア7782

保有株数および年数に応じて割引券がもらえます

半年未満   半年以上

200株  30%    40%(最大15000円)

1000株 40%    50%(最大20000円)

権利確定月 12月

 

横浜丸魚8045

100株 クオカード1000円分

権利確定月 3月

 

拡充・変更

エイジア2352

クオカード1000円分から株主優待ポイントへ

ただし権利獲得には200株以上が必要となった

 

廃止・改悪

ティラド7236

数年前、1年以上の長期保有者のみへと改悪されて次は廃止って最悪ですね

 

 

私の資産推移

2019年3月1日から開始した、ドルコスト平均法と逆張りどちらが大きく資産を増やすことができるのか?その進捗です

買付ルールはこちらこそ

 

 

資産推移

ドルコスト平均法

 

評価額 4084円(+2.09%)

買付額 4000円

 

逆張り

 

評価額 3142円(+4.73%)

買付額 3000円

 

アメリカ市場は絶好調につきどちらもアゲアゲ

逆張りでは上手く底を掴んだ感じか?

恐らく損益率では逆張りが一歩リードですが、このま買い場がなく損益となればどうなるのかな???

 

 

売買銘柄

株式

なし

今週はタイミングを見て、イオンフィナンシャルサービス8570を買い増し予定

 

FX

 

米ドル/円を買付

今週もやはり108.2円の下値は堅いだろうとの思いから短期売買

そして雲行きが怪しくなったと思い、少し下がってもまた上がるだろうと思って108.08円を指値

約定後すぐに50pipsほど上がったのですが、FOMC経過してさらに上がると思ったらこのありさま 汗

前からもっている109円台のポジション含め辛い日々がまだまだ続きそうです

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください