2018年3月19日~3月23日の株式情報まとめ

週初めは国内の森友学園問題やG20やFOMCなどイベントが控えていたため、積極的な買いには入りにくかったのだろう予想通りのマイナススタート

3日連続の下げで(合計▲423円)日経平均株価は21380円まで下落。移動平均線(200日)がサポートラインとしてしっかり機能していると思われた

 

しかしこれが甘かった!

またまたまたまたまたか!といったトランプ大統領の暴挙

今回は知的財産権侵害を理由として、最大600億ドル規模の中国製品に対し関税を課す大統領覚書に署名。中国側もすぐに対抗措置として、最大30億ドルの米国からの輸入品を対象に関税をすることを明らかにした

 

これでNYダウ▲724ドル、日経平均先物▲520円と大幅下落

当然その流れを日本市場も続いてしまい、一時は▲1000円まで下落。終値20617円は今年の最安値、サポートラインと言われた移動平均線(200日)をあっさり割ってしまったのだから、ここからどこまで下がるかわからない不安心理を多く抱えた人が多い状態で週末を迎えたと思われます

スポンサードリンク




 

 

 

今週発表のあった株主優待情報

新設・記念優待

CASA7196

株主優待内容 100株 クオカード1000円分

権利確定月 7月

 

変更

魚力7596

優待再開

株主優待内容 海産物(保有期間株数によって変わります)

3年未満     3年以上

100株   2000円相当  3000円相当

300株   4000円相当  6000円相当

600株   7000円相当 10000円相当

1000株 10000円相当 14000円相当

 

シダックス4837

優待券(540円分)または自社グループ製品の選択ができるようになった

100株 優待券5枚または自社グループ製品2000円相当

500株 優待券25枚または自社グループ商品6000円相当

権利確定月 3月

 

竹田印刷7875

優待内容の変更

100株  クオカード1000円分

1000株 上記に加えて徳川美術品カレンダーまたは新潟県魚沼産コシヒカリ5kgのいずれかがもらえます

権利確定月 3月

 

京成電鉄9009

対象施設拡大(筑波山京成ホテルのみが下記を追加)

100株 PRONTO・佐倉カントリー倶楽部・エアエルム八千代台店

権利確定月 3月

 

ふくおかフィナンシャルグループ

優待内容の追加と廃止

1000株 新規で投資信託口座や証券総合口座開設すると3000円プレゼント

※相続関連サービスご契約時ギフト券プレゼントコースを廃止

権利確定月 3月

 

ショクブン9969

株主優待制度の休止

※休止につき、再開するかもしれませんね

 

アルテサロン2406

株式分割(1対2)に伴い100株枠を新設

100株 1500円分の優待券または商品

※実質拡充ですね

権利確定月 12月

 

総合メディカル4775

優待内容の変更(ポイント制の導入)

100株1年未満保有 6000p

100株1年以上保有 11000p

100株3年以上保有 16000p

権利確定月 3月

 

サンフロンティア不動産8934

優待内容の追加

500株 5000円分の宿泊補助券

※100株は今まで通り宿泊ご優待券(1万円分)がもらえます

権利確定月 3月

 

 

 

各指数

()内は前週比

米ドル/円 104,82円(▲1,18)

NYダウ 23533ドル(▲1,413)

WTI原油先物 65,74ドル

※以下日経平均

株価 20617円(▲1059)

先物 20140円(▲1260)

PER 12.68倍(▲0.12)

PBR  1.2倍(▲0.01)

騰落レシオ(25日) 97.23%(▲0.88)

移動平均乖離率(25日) ▲4.83%(▲4.8)

空売り比率 50.3%(+10.5)

裁定買い残 15340億円(479)

 

 

 

来週の注目したい予定

27日(火) 佐川前国税庁長官の証人喚問、3月権利最終日

28日(水) 米MBA住宅ローン申請指数、米10-12月GDP確報値、3月権利落ち日

 

月曜日は間違いなくマイナススタート、どこまで下がるかが焦点

翌27日は3月の権利月最終日につき少しは買い支えがあるか?しかし14時10分から予定されている佐川前国税庁長官の証人喚問の結果によってはさらに株価下落要因となるリスクあり

気になるところは、9月15日以来の日経平均株価2万円台割れ

ここも簡単に割れるようだと底が見えない

しかし私はこれをチャンスととらえて強気に参戦予定

 

戦略としては、

超割安株と思われるものを3月権利付最終日に購入、そして権利落ち日の動きを見ながら超超割安株へと変身したものを拾う2段階の買いが面白いと思われる(権利落ちにウエートを置いて短期で利幅を取りたい)

 

私の好きな株の格言

資産家は恐慌時に生まれる

 

今回の下落要因は、リーマンショックやサブプライムローンなどの大不況や経済に悪影響は与えにくいであろうと思われること

米国そして日本ともに経済は絶好調、上がり続ける相場はない中での悪材料で下落と私は判断しているため、買ってもいいと思われるのだが・・・

 

気になる3月権利銘柄としては

KDDI9433、カネミツ7208、ディアライフ3245、コラボス3908、GMOFHD7177、

 

少し先を見た6月権利銘柄

岡部5959、エンビプロHD5698、エリアクエスト8912

これらは要チェックかな?

 

どう動くか明日の終値と市場状況をもう一度確認して売買に備えたい

スポンサードリンク




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です