原田工業(6904)の株主優待はお買い得か調べた

2018年2月9日に新設された株主優待銘柄の原田工業は、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

スポンサードリンク



株主優待内容

3月権利

100株以上の保有者および期間に対してクオカードがもらえます

 

1年未満保有 3000円分

1年以上継続保有 4000円分

 

※継続保有期間1年以上とは、毎年3月31日現在の株主名簿に記載または記録され、かつ3月31日および9月30日現在の株主名簿に、同一の株主番号で3回以上連続して記載または記録された場合となっています

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績        売上高  経常利益 1株益 1株配当

2013.3   29,935      590    44,9      7,5

2014.3   36,470   1,412    57,8       10

2015.3   39,778      981    15,9      7,5

2016.3   43,215      379   ▲4,4      7,5

2017.3   40,857   2,201    27,7       10特

2018.3   42,936   2,350    35,3       10記

2019.3   43,500   1,800    59,8      7,5~10

2020.3   44,500   2,200    69,0      7,5~10

※2019,20年は予想

 

投資指標と財務

現在の市場 東証2部→東証1部

PER  13.86

PBR   1.34

自己資本比率   41.0%

利益剰余金  10,067百万円

有利子負債  12,373万円

ROE       5.7%

営業CF    2,531百万円

投資CF   ▲1,058百万円

財務CF     ▲133百万円

時価総額      180億円

 

 

まとめ

 

株主優待を新設したのは、やはり東証1部への市場変更だったんでしょうね

ただ株価は株主優待を新設した時がピーク

今は2017年から続く「いつもの800円台をキープ」といった感じ

市場変更時の株価上昇によるキャピタルゲイン狙いもいいが、そこへプラス私の割安株基準に入っていないと、大きく資産を増やすのは難しいか?

 

 

以下、株主優待新設時に私が評価した内容です

総合利回り 3.86%

割安株ではない

財務はイマイチ

 

東証2部、株主数が1100名を見ると将来は東証1部への市場変更を狙っているのでしょう

2年前の今頃の株価は200円、ここで成長性を考えると購入は遅かったのか?

ただし下げよりは上がる方への期待はできると思う

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください