【貯蓄から投資へ】初心者が正しい投資や節約で資産を増やして安定した老後を過ごすための教科書

投資で失敗しないように必要な基礎知識や得する手法であなたの大切なお金を眠らせず働かせて資産を増やし続けたり、節約して無駄をなくすためのブログ

新設株主優待の分析

新設株主優待 グッドコムアセット(3475)の株主優待はお買い得か調べた

2017年7月11日に新設された株主優待銘柄のグッドコムアセットは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討してみました

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

スポンサードリンク




 

 

優待内容と利回り

10月権利

100株以上を保有する株主に対して、クオカードが2000円分もらえます

 

配当 7.5円 配当利回り3.67%

優待価値 2000円

両方を合わせた総合利回り%

 

※上記2つの利回りは1単元の保有(10月1日に実施される株式分割後1対2)で算出しています

 

利回りから見る所見

現在株価では総合利回り2%程度だが、株式分割後は約4%まで上昇

そして数少ないおいしい10月権利銘柄と思われる

 

オススメ度 ☆3つ

9月末までに株価が1400円まで下がった時は積極的に取りに行きたい

 

 

企業情報

ここでは事業内容、業績、投資指標と財務、同業種との比較を確認したいと思います

 

事業内容

マンションの企画開発、分譲、建物管理、賃貸管理

不動産に関するコンサルティング業など

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績  売上高 営業利益 経常利益  純利益 1株益 1株配当

14.10  5,611    340     308       184      88,1    0

15.10  7,823    948     916       563    268,7   10

16.10  7,393    929     868       563    269,0   10

17.10  8,900    990     900       570    187,8   15

18.10  9,350  1,030    930       590    194,4   15

※17、18年は予定

6月27日にJASDAQから東証2部へ市場変更も実施したため、勢いを感じる

しかし気がかりなのは、売上高は順調に上がっているのですが経常利益が上がらず一株益が下がっているところです

 

投資指標と財務

PER   8.0

PBR   1.56

自己資本比率 30.1%

利益剰余金  1,785百万円

有利子負債  5,815百万円

配当  7.5円(配当利回り1.0%)※分割後にて算出

割安株なのですが、有利子負債が利益剰余金の3倍あり、自己資本比率30%につき財務は良くないですね

 

同業種との比較

シノケン

PER   5.83

PBR   2.27

配当    45円(配当利回り1.78%)

優待内容 クオカード1000円分(500株以上でもらえる)

総合利回り 1.86%

 

エフ・ジェー・ネクスト

PER   7.5

PBR   0.78

配当    20円(配当利回り2.37%)

優待内容 1500円相当のカタログギフト

総合利回り 4.14%

 

プロパティエージェント3464

PER   7.12

PBR   1.43

配当    36円(配当利回り1.28%)

優待内容 なし

総合利回り 1.28%

 

確認した銘柄すべてが割安株

しかし3社は財務が悪いのは気がかり

不動産業は今好調と思うのですが、個人がマンション経営などしているためこの流れがずっと続くようには思えない

まぁ2~3年は大丈夫かな?

 

 

まとめ

 

10月に株式分割後は約4%まで総合利回りは上昇

そしてこの銘柄は市場変更など勢いが感じられました

財務が悪いのは気がかりですが・・・

あと個人がマンション経営をやっている人も多くなってきたため、この業種数年は面白そうですね

分割前に株価1400以下になれば積極的に狙いたい銘柄ではないでしょうか?

ただし長期保有は禁物と思う

スポンサードリンク




 

 

-新設株主優待の分析

あわせて読みたい記事