新設株主優待の分析

新設株主優待 グッドコムアセット(3475)の株主優待はお買い得か調べた

2017年7月11日に新設された株主優待銘柄のグッドコムアセットは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討してみました

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

 

優待内容と利回り

4・10月権利

100株以上を保有する株主に対して、クオカードが2000円分もらえます

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績       売上高  経常利益 1株益 1株配当

2014.10   5,611    308       44,0     0

2015.10   7,823    916      134,3    5

2016.10   7,393    868      134,5    5

2017.10   9,834    820      106,1   20記

2018.10 16,817  1,567     160,7   35記

2019.10 24,000  1,730     165,3  47~50

2020.10 27,000  2,430     231,1  47~70

※2019,20年は予定

 

投資指標と財務

現在の市場 東証1部

PER   9.29

PBR   1.76

自己資本比率 30.1→51.1%

利益剰余金  1,785→3,273百万円

有利子負債  5,815→4,996百万円

ROE    22.3%

営業CF   5,165百万円

投資CF     ▲25百万円

財務CF  ▲1,843百万円

時価総額     109億円

 

まとめ

 

こちらも業績はよく売上・経常利益が上がった結果、増配を継続

そしてマザーズ→東証2部→東証1部へと短期間(2年)で市場変更に成功

お役御免となったのか、株価に元気なし

やっぱり不動産株の長期保有は禁物かな

 

 

以下、株主優待新設時に私が評価した内容です

10月に株式分割後は約4%まで総合利回りは上昇

そしてこの銘柄は市場変更など勢いが感じられました

財務が悪いのは気がかりですが・・・

あと個人がマンション経営をやっている人も多くなってきたため、この業種数年は面白そうですね

分割前に株価1400以下になれば積極的に狙いたい銘柄ではないでしょうか?

ただし長期保有は禁物と思う

合わせて読みたい関連記事