新設株主優待 富士ピー・エス(1848)の株主優待はお買い得か調べた

2017年8月23日に新設された株主優待銘柄の富士ピー・エスは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討してみました

スポンサードリンク




 

株主優待内容

9月権利

100株以上を保有する株主に対して、クオカード500円分がもらえます

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績        売上高  経常利益 1株益 1株配当

2013.3   17,421    120       5,5     2,5

2014.3   21,092    454     46,6        5

2015.3   24,389    752     36,3        5

2016.3   23,014    586     28,0        5

2017.3   21,650    520     30,2        8

2018.3   27,361    753     43,1        9

2019.3   28,600    860     30,5        9

2020.3   29,200    900     31,6    9~10

※2019,20年は予定

 

投資指標と財務

現在の市場 東証1部

PER   16.26

PBR    1.23

配当  9円(配当利回り1.81%)

自己資本比率 31.8%

利益剰余金  2,379百万円

有利子負債  2,770→4,681百万円

ROE    10.8%

営業CF   ▲111百万円

投資CF   ▲268百万円

財務CF   ▲269百万円

時価総額   89,2億円

 

 

まとめ

 

株主優待新設時は、株主数が2200人未満、「立会外分売」の時に「市場第一部指定における形式要件の充足を図るため」と記載されていたため、市場変更狙いはわかっていました

その目的が2018年6月12日に達成されると、株価は元気なく下落

今後の業績は上がる予想だったが、下がってしまったのも痛い

 

財務もあまりよくなく、勢いを感じられない今はパスした方がいいでしょうね

スポンサードリンク




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください