新設株主優待 夢の街創造委員会(2484)の株主優待はお買い得か調べた

2017年7月13日に新設された株主優待銘柄の夢の街創造委員会は、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討してみました

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

スポンサードリンク




 

優待内容と利回り

8月権利

100株以上を保有する株主に対して、VISAギフトカードがもらえます

 

1年未満     3000円分

1年以上2年未満 3300円分

2年以上3年未満 3600円分

3年以上4年未満 3900円分

4年以上5年未満 4200円分

5年以上6年未満 4500円分

6年以上7年未満 4800円分

7年以上     5000円分

 

※保有期間は毎年8月末時点の株主名簿に同一株主番号で連続して記載または記録された回数をもとに算出

 

 

 

配当 3.3円 配当利回り0.28%

優待価値 3000円

両方を合わせた総合利回り2.53%

 

※上記2つの利回りは1単元の保有で算出しています

 

利回りから見る所見

株価1000円付近で総合利回り2.5%はボチボチ

そして長期保有して7年後には4.2%へと跳ね上がるのはいいですね

ただし2015年7月14日、持ち株数に応じて「Tポイント」がもらえたものが廃止になっているのは頭の中に入れておきたい

 

オススメ度☆3つ

 

 

企業情報

ここでは事業内容、業績、投資指標と財務、同業種との比較を確認したいと思います

 

事業内容

出前仲介サイト「出前館」を運営している

 

単位(百万円)1株は円

業績  売上高 営業利益 経常利益  純利益 1株益 1株配当

12.8  1,359     210      220       115      2,8    0,875

13.8  2,086     278      274         96      2,3    1,0

14.8  3,558     361      365       167      4,3    1,25

15.8  3,661     546      541         96      2,4    1,75

16.8  4,154     572      579       347      8,6    2,5

17.8  5,000     800      800       450    11,1    3,3

18.8  5,600     900      900       500    12,4    3,7

※17、18年は予定

業績はしっかりと右肩上がり、2012年と比較して今期は4倍近い売り上げが見込まれている

そして少しずつですが増配を継続中

株式の分割も2013、2014、2017年の3回実施

そして現在JASDAQ、株主数1500人につき近い将来東証1部へと市場変更がありそうですね

 

投資指標と財務

PER 117.52

PBR  20.01

自己資本比率 57.6%

利益剰余金  1,137百万円

有利子負債    495百万円

配当  3.3円(配当利回り0.28%)

割高株ですが財務は自己資本比率50%、利益剰余金が有利子負債の2倍あるため、それなりにいいですね

 

同業種との比較

ぐるなび

PER  18.87

PBR   4.73

配当    44円(配当利回り2.41%)

優待内容  なし

総合利回り 2.41%

 

楽天

PER  28.0

PBR   2.78

配当    4.5円(配当利回り0.34%)

優待内容 自社サービスクーポン2800円分他

総合利回り 2.45%(クーポンのみを使用)

 

株価はどちらも元気なくフラフラ

ぐるなびは増配を継続、そして財務もいい

やっぱりインターネットは経費がかからない分、儲けやすいんですかねぇ~

 

まとめ

 

総合利回り2.53%、その中で優待によるものがほとんどを占める

過去に優待廃止を一度実施

それを考えると強気にはいけないのだが・・・

 

配当は増配を継続中

株価は上昇中、そしてまだ1000円台

割高株ではあるのですが、下落の波に飲まれ大きく下げた時は1単元購入して応援したくなる銘柄ではないでしょうか

スポンサードリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です