エリアクエスト(8912)の株主優待はお買い得か調べた

2018年3月5日に新設された株主優待銘柄のエリアクエストは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討した結果を私なりにまとめ記載しました

スポンサードリンク




 

株主優待内容

6月権利

100株以上の保有者に対して下記のどちらかがもらえます

 

クオカード1000円分

指定された飲食店舗の優待券2000円分

 

株主優待制度新設の目的は、「株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への投資の魅力を向上させ、より多くの株主様に中長期的に保有していただけること」となっています

 

利回り

配当 2円

優待価値 1000円(安価なクオカードで換算)

 

1000円+2円×100株=1200円

1200円÷283円×100株=4.24%

 

3月15日現在の利回り

すぐに280円付近まで戻しましたが、株価は安価につき買い意欲が強かったのでしょう。すぐに復帰したのは評価したいですね

 

 

企業情報

ここでは事業内容、業績、投資指標と財務、同業種との比較を確認したいと思います

 

事業内容

ビルテナント誘致、管理、売買仲介

売買のみではなく、資産価値を向上させるためおよび、効率よく運営するためのサービスを提供している

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績   売上高  経常利益 1株益 1株配当

15.6    1,498      183           6,4       1

16.6    1,861      254         13,1       2

17,6    2,341      401         11,4       2

18.6    2,600      450         12,0       2

19.6    2,800      530         14,2       2

※18.19年は予定

3月5日の決算発表で少し下方修正

経常利益480→450 あんまり気にすることはないと思いますが・・・

 

投資指標と財務

現在の市場 福証

PER  23.58

PBR   4.04

配当  2円(配当利回り 0.71%)

自己資本比率 44.5%

利益剰余金   450百万円

有利子負債   543百万円

ROE     19,6%

営業CF    409百万円

投資CF   ▲172百万円

財務CF    ▲25百万円

時価総額     49億円

株主構成

株主数 5235名

特定株  57.7%

浮動株  14.6%

外国    0.9%

投信    0.0%

 

割安株ではない

財務はボチボチ

株価は昨年100円付近をウロウロ、しかし業績が2015年比で1.7倍まで上昇、一度200円まで下がるが新設株主優待により息を吹き返したのはやっぱり!といった感じ

 

 

まとめ

 

割高株

財務はボチボチ

 

株価が2万円台につき、割高株ではありますが損小利大が見込める面白そうな銘柄

※半分になっても140円ならケガしてもキズは浅いと思われる

そして東証2部の新設株主優待は何か意図があるはずと考えられるため、複数単元購入して、キャピタルゲインで1単元購入したものは戻ってきそうな気がする

 

これらを踏まえ私の評価

総合利回りからのお得度 ☆4つ

成長株期待度      ☆5つ

総合評価        ☆4つ

スポンサードリンク




 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です