新設株主優待 ACKグループ(2498)の株主優待はお買い得か調べた

2017年5月15日に新設された株主優待銘柄のACKグループは、株主優待と企業内容からお買い得な銘柄か?

そして安心して保有できるかを調べ検討してみました

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

スポンサードリンク



優待内容と利回り

6月権利

1年以上継続して保有および保有株数の応じてクオカードがもらえます

 

100株  500円分

600株  3000円分

1000株 5000円分

※1年以上の保有とは、毎年6月末日を基準として、同一株主番号で、9月末日、12月末日、3月末日および翌年の6月末日時点の株主名簿に100株以上の保有が5回以上連続で記載または記録された株主をいいます

 

配当 20円 配当利回り1.9%

優待価値 500円

両方を合わせた総合利回り2.38%

 

※上記2つの利回りは1単元の保有で算出しています

 

利回りから見る所見

総合利回り2.38%はイマイチ

そしてここも1年以上の保有継続が条件

オススメ度 ☆1つ

 

企業情報

ここでは事業内容、業績、投資指標と財務、同業種との比較を確認したいと思います

 

事業内容

建設コンサルタントの持ち株会社

 

業績

単位(百万円)1株は円

業績   売上高   営業利益 経常利益  純利益 1株益 1株配当

14.9  34,848       762       832       529   103,4  10

15.9  37,599    1,076    1,099       504     98,4  12

16.9  42,879    1,285    1,068       628   122,6  20

17.9  43,000    1,330    1,280       720   139,5  20

18.9  44,000    1,400    1,400       750   138,4  20

※17、18年は予定

業績はしっかりと右肩あがり、しかし配当性向は低く20%ありません。もう少し株主へ還元してもいいのでは?

 

 

投資指標と財務

PER 8.87

PBR 0.72

自己資本比率 20.3%

利益剰余金  5,397百万円

有利子負債  7,707百万円

配当  20円(配当利回り1.9%)

割安株!しかし自己資本比率が20%と低く有利子負債が利益剰余金より多いため財務はダメですね

 

同業種との比較

日本工営

PER  14.35

PBR   0.99

配当    75円(配当利回り2.52%)

優待内容 なし

総合利回り 2.52%

 

長大

PER  7.95

PBR  0.49

配当    10円(配当利回り1.48%)

優待内容 なし

総合利回り 1.48%

 

建設技術研究所

PER  9.41

PBR  0.65

配当    20円(配当利回り1.77%)

優待内容 なし

総合利回り 1.77%

 

 

この業種は儲かるんですね!

3/4社のPERが10倍以下となっています

しかし配当性向は20%程度

財務はどこも良くないので株主還元には消極的なのはわかります

ACKグループがキッカケとなり、株主優待を実施して欲しいですね

 

 

まとめ

 

総合利回り2%、さらに1年以上の継続保有が条件でこの内容ならあまりメリットは感じられない

 

ただし

割安株である

この業種はどれも割安株で儲かっているように見えるため、増配狙いや成長株として期待するのなら面白い銘柄かもしれません

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です