2017年11月株主優待YAHOOランキングはお買い得か調べてみた

2017年も残すところあつ2ケ月

時間の経過もあっという間ですね

 

そんな今の日本株式市場は、衆議院議員選挙において自民党が圧勝したことにより日経平均は22000円台まで上昇

イケイケの状態

これがどこまで続くのか楽しみです

 

さて11月の株主優待は37社

権利付最終日は27日(月)

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

スポンサードリンク




 

 

象印マホービン7965

11月権利

※権利月最終日が20日につき購入する方気き付けてください

自社製品の優待価格販売

100株  1000円割引

500株  2000円割引

1000株 4000円割引

 

投資指標と財務

PER  12.08

PBR   1.06

配当    22円(配当利回り2.13%)

自己資本比率 71.9%

利益剰余金  56,147百万円

有利子負債   3,000百万円

ROE  12.3%

営業CF 8,016億円

株主数  5,460名

時価総額 817億円

 

評価

総合利回り 3.1%

割安株

財務いい

 

株主優待内容としての評価はイマイチですが

業績は昨年までよく株価も上昇、増配中でした

しかし国内の業績が悪いためか株価に元気はありません

はたしてこのまま元気なく沈んでいくのか?

気になるひとつとして安くなったところで買うのはありかも??

 

オススメ度 ☆2

 

 

大江戸温泉リート投資法人3472

5・11月権利

自社指定「大江戸温泉物語グループ」施設で利用可能な宿泊割引券(1000円分)

5株  1枚

10株 2枚

 

投資指標と財務

株ではなくリートにつきありません

 

評価

恥ずかしながら私はリートには手を付けていないため、今が買いまたは売りの判断ができません 汗

ただ権利獲得に45万円、割引券が年間を通じて2千円であれば積極的に買いに行くようなものではないと私は思っています

 

オススメ度 ☆1

 

 

キューピー2809

11月権利

※権利獲得には3年以上継続保有(11月および5月の株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載)した株主のみに贈呈

自社グループ商品詰め合わせ

100株  1000円相当

500株  2000円相当

1000株 3000円相当

 

投資指標と財務

PER  24.53

PBR   1.94

配当    36円(配当利回り1.27%)

自己資本比率 53.6%

利益剰余金  169,997百万円

有利子負債   55,512百万円

ROE  8.0%

営業CF 452億円

株主数  101,465名

時価総額 4,046億円

 

評価

総合利回り 1.62%

割安株ではない

財務はボチボチ

 

投資資金約30万円を3年拘束されて1000円分の自社商品をもらってもねぇ~

そして時価総額4000億円につき成熟したと思われる

資産を増やしたいなら、他の銘柄に目を向けたい

 

オススメ度 ☆1

 

 

タマホーム1419

5・11月権利

自社グループ利用優待券または500円相当のクオカード

100株   1%割引またはクオカード

1000株  2%割引またはクオカード

10000株 3%割引またはクオカード

 

投資指標と財務

PER  13.91

PBR   1.6

配当    26円(配当利回り3.51%)

自己資本比率 16.7%

利益剰余金    4,898百万円

有利子負債   31,317百万円

ROE  6.6%

営業CF ▲1,100億円

株主数  28,556名

時価総額 211億円

 

評価

総合利回り 4.86%

割安株

財務悪い

 

株価10万円未満で総合利回り約5%は欲しくなる銘柄のひとつ

しかし自己資本比率が16%、有利子負債は利益剰余金の約7倍

業績が悪くなるとすぐに減配、最悪優待廃止もあり得る

(2015、16年は10円/株まで減配)

従って欲しいのをグッと我慢するのが「吉」

 

オススメ度 ☆1

 

 

日本毛織3201

5・11月権利

100株 500円相当のクオカード

 

5月のみ

1株 自社グループ製品等の割引販売

1000株   3000円相当の割引券

5000株   5000円相当の割引券

10000株  10000円相当の割引券

※ここはめずらしい端株も実施していたんですね!

 

投資指標と財務

PER  17.34

PBR   0.9

配当    20円(配当利回り1.96%)

自己資本比率 62.1%

利益剰余金   75,848百万円

有利子負債   18,057百万円

ROE  6.6%

営業CF 9,514億円

株主数  24,493名

時価総額 825億円

 

評価

総合利回り 2.93

割安株に少し届かない

財務はボチボチ

 

業績は2014年から横ばい

悪くはないのですが、大きく儲ける銘柄ではないと思う

ここが欲しいと思っても、今はイケイケ相場につき今回は権利獲得を見送り、市場が悪くなり割安株へと変身した時に1単元取るのはありですね

 

オススメ度 ☆2

 

 

まとめ

 

今回は優待を実施している数が少ない

そしてオススメできるものはなし

 

こんなさみしい11月

しかし12月はたくさん優待実施しているし上がり続ける相場はないため、そろそろ「買い時」がやってくるか?

それまで大切な資産をゆっくりと寝かしてもらいたいと思います

スポンサードリンク




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です