2017年8月株主優待YAHOOランキングはお買い得か調べてみた

いやぁ~今年も暑い!

その暑さに負けそうなセブ602です

 

さて今回はあと2週間程でせまってくる8月度の人気ある株主優待権利取得をどうするか調べました

 

人気ある株主優待品の見分けの目安として、YAHOOのアクセスランキングBEST5を参考にしています

総合利回りは100株(最低取得株数)にて算出

 

8月の株主優待は99社

権利付最終日は28日(月)

※これを参考にして損失が発生した場合の補償はいたしかねます

スポンサードリンク



5位 SFPホールディングス3198

株主優待内容

2・8月権利

保有株数に応じて食事券がもらえます

100株  4000円分

500株  10000円分

1000株 20000円分

※100株を1年間保有すると8000円分もらえることになりますね

 

投資指標と財務

PER  20.74

PBR   2.54

自己資本比率 76.8%

利益剰余金  5,733百万円

有利子負債    206百万円

配当  26円(配当利回り1.5%)

 

評価

総合利回り 6.1%

割高株

財務はいい

 

2015年に配当開始

その配当性向は30%程度であり、財務もいいため減配は考えにくいか?

また優待内容は自社の食事券につき改悪も今のところ少ないと思われる

7月に発表された自社株買いで株価は上がってしまったが、長期で応援するなら私はありと思う銘柄

1600円あたりで買えたらいいんだけどなぁ~

 

 

4位 吉野家ホールディングス9861

株主優待内容

2・8月権利

保有株数に応じて食事券がもらえます(¥300/枚)

100株  10枚

1000株 20枚

2000株 40枚

※100株を1年間保有すると20枚(6000円分)もらえることになりますね

 

投資指標と財務

PER  72.86

PBR   2.23

自己資本比率 49.4%

利益剰余金  38,035百万円

有利子負債  31,487百万円

配当  20円(配当利回り1.02%)

 

評価

総合利回り 4.08%

超割高株

財務はボチボチ

 

ここは個人投資家から大人気銘柄のひとつ

株主数31万人もいてるのはすごい!

1年前の1300円付近なら買ってもいいが、今は高すぎるため何らかの理由で下がった時に買いたいですね

 

 

3位 コメダホールディングス3543

株主優待内容

2・8月権利

100株  1000円分の自社電子マネー

 

※100株を1年間保有すると2000円分もらえることになりますね

その他、議決権を行使すると別で500円分もらえるのは気を付けたいところ

 

投資指標と財務

PER  17.48

PBR   3.53

自己資本比率 39.7%

利益剰余金  11,213百万円

有利子負債  25,169百万円

配当  50円(配当利回り2.6%)

 

評価

総合利回り 4.15%(議決権行使含む)

割高株

財務はちょっと悪い

 

売上はしっかりと右肩上がり

四季報にも【拡大続く】と記載されていることからまだ成長は見込める?

確かにどの店へ行ってもお客さんはついているんですよねぇ~

100株持って応援したいのですが、株主に外人さんが多いため「すかいらーく」のように大きく下げた時に買ったら面白いのかな?

 

 

2位 イオン8267

株主優待内容

2・8月権利

買い物金額に対して返金されるオーナーズカードの付与(半年100万円が上限)

100株  3%

500株  4%

1000株 5%

3000株 7%

 

これとは別に、3年以上の長期保有者に対して毎年2月ギフトカードが付与されます

1000株 2000円分

2000株 4000円分

3000株 6000円分

5000株 10000円分

 

投資指標と財務

PER  98.46

PBR   1.25

自己資本比率 12.9%

利益剰余金  575,147百万円

有利子負債  2,166,273百万円

配当  30円(配当利回り1.77%)

 

評価

総合利回り 5.31%(半年に3000円返金されると想定)

超割高株

財務悪い

 

ここ数年、増配を実施

しかし一株益以上に配当を出しているのは気になるところ

そして財務は悪いのですが、やっぱりあのイオン

金融まで手広くやっているこの企業が倒産したら大変なことになるでしょう

従って最悪の事態はないと考えられる

でも景気が悪くなると数年後減配はありえるかも・・・

イオンでいつも買い物するなら100株は持っていいと思うのですが、購入のタイミングは慎重にして欲しい

 

 

1位 クリエイト・レストランツ・ホールディングス3387

株主優待内容

2・8月権利

保有株数に応じて食事券がもらえます

100株  3000円分

500株  6000円分

1500株 15000円分

4500株 30000円分

※100株を1年間保有すると6000円分もらえることになりますね

 

投資指標と財務

PER  32.9

PBR   5.54

自己資本比率 27.3%

利益剰余金  13,531百万円

有利子負債  28,653百万円

配当  10円(配当利回り0.87%)

 

評価

総合利回り 6.11%

割高株

財務悪い

 

売上はしっかりと右肩上がり

しかし経常利益が伴っていないため、増配傾向だったのが2017年度は減配予想(13→10円)

優待は食事券につきすぐに廃止になるとは思えないが、購入は待った方がいいんじゃないかなぁ~

 

 

まとめ

 

今回は5銘柄中、4銘柄が食事券

やっぱり食事券って個人に人気なんですね

出す方も100%が原価ではないため、優待品として渡しやすいのでしょう

 

しかしそれにつられて買ってしまい、株価が暴落しては本末転倒なので銘柄自身の判断も併せてしっかりと行い、あなたの資産が増えていくことを願っています

スポンサードリンク




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です