一目均衡表の見方から使い方まで5分で解説してみた

前回の移動平均線とはまた違った、相場観がわかる方法があります

それが一目均衡表

 

違った角度の株価の値動きから見えるものは一体何なのか?

知っていて損はないハズ!?

スポンサードリンク



一目均衡表とは

株価の値動きに時間・波動・値幅を取り入れてチャートを作ることにより、相場の上げどまり・下げどまり・転換時期などを判定するために開発されました

 

作成者は、細田悟一(ペンネーム 一目山人)

 

次にどんなものか見てみましょう

 

 

5本の線と雲から構成されています

 

基準線・・・・・当日から過去26日間の高値と安値の中間値

転換線・・・・・当日から過去9日間の高値と安値の中間値

遅行スパン・・・当日の終値を26日前に記入したもの

先行スパン1・・基準線と転換線の中間値を当日から26日先に置いたもの

先行スパン2・・当日から過去52日間の高値と安値の中間値を25日先に置いたもの

 

そして「雲」と言われるものは、先行スパン1と2に囲まれた部分をいいます

 

※転換線は9日につき「短期」、基準線は26日につき「中期」の動きと考えればいいと思います

 

移動平均線と異なるところは各終値を足した平均値ではなく、一定期間の高値と安値の中間点を求めているところです

 

 

一目均衡表でトレードするには

ここでは大きく3つあります

 

1.転換線と基準線を利用

転換線が基準線を下から上へ抜けるとき、上昇トレンド「買いのサイン」、逆に上から下へ抜けるときは、下降トレンド「売りのサイン」と判断とします

 

ん、

これって移動平均線で聞いたことないですか?

そうです!

あの時は上抜けをゴールデンクロス、下抜けをデッドクロスといいました

今回の場合は上抜けを「好転」、下抜けを「逆転」と呼びます

 

ここで注意すること

2本の線が単純に交わるのではなく、転換線がしっかりと上へ抜いて基準線も上へ向かないと「買いのサイン」とは言えないことです

(売りの場合は逆に転換線が下へ抜いて、基準線も下へ向きます)

 

 

2.雲を利用

先行スパン1と2の間で作られた「雲」、その上または下に存在するローソク足で判断します

 

雲の上にローソク足がある場合、上昇トレンド

雲の下にローソク足がある場合、下降トレンド

と言われています

 

ここで注目したいのは「雲の厚さ」

これが抵抗線となり、ローソク足が雲に近づけば上へと跳ね返され反発ることが多いんです

逆に雲が薄くなると抜けやすくなるため、トレンドの変わり目とも言われています

 

ただし雲の厚さに関係なくファンダメンタルズが悪くなる等、抜けるときはスーッと抜けるため参考程度としましょうね

 

3.遅行スパンを利用

これは簡単

遅行スパンは26日前の株価でしたね

これがローソク足の下にあると、買った人がまだたくさんいてるため「買い優勢」と予想するんですよ!

 

 

以上3つになります

 

そしてこの3つが上向きになると、

三役好転と言われ強気相場と判断しやすいのも要チェックですね

 

 

波動

一目均衡表には大きく5つの波動があります

 

上げ相場

 

上げて下げる相場

 

上げて下げて上げる

 

時間経過とともに高値は切り下げ、安値は切り上がる

 

時間経過とともに高値は切り上がり、安値は切り下がる

 

以上の5つの波動から今後の動きを推測するんですねぇ~

※実際そうなるかはわかりませんが・・・

 

 

まとめ

 

時間論・波動論・値幅観測論の3つから構成されたものが一目均衡表

移動平均線は平均値、これは高値と安値の中間点で作られている

構成は5本の線(基準線・転換線・遅行線・先行スパン1・先行スパン2)と雲

 

トレードで利用するには下記の3つ

基準線と転換線

遅行線

 

波動には5種類あり(I・V・N・P・Y)

 

「これだけ」に頼ったトレードは危険ですが、ファンダメンタルズ分析と絡めて活用すれば面白いトレードができるかもしれませんね

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です